現在位置:トップ > 産業・ビジネス > 商工業 > 勤労者支援制度について(平成30年9月10日更新)

勤労者支援制度について

20180912日 更新

町では、東北労働金庫等の事業団体と協力して、勤労者のための支援制度を設けています。

1.勤労者生活安定資金の融資「生活応援ローン」

「生活応援ローン」は、生活資金全般にご利用いただける勤労者向けの低利の融資制度です。
町が貸付原資の一部を東北労働金庫に預託して実施しています。

【参考:庄内町勤労者生活安定資金融資規則PDFファイル(59KB)このリンクは別ウィンドウで開きます

 制度の概要は以下のとおりです。

【対象となる方】
本町に在住する勤労者の方で次の(1)~(4)すべてに該当する方が対象になります。

(1) 組合組織又は貸付共済制度等を有しない企業に働く勤労者で、ろうきん友の会の会員である方
(2) 勤続年数が1年以上の方
(3) 融資金の返済が確実であると認められる方
(4) 町税の滞納がない方

【対象となる資金】

融資の区分 融資限度額 融資期間
自動車資金 200万円以内 7年以内
教育資金 300万円以内 10年以内
福祉資金 100万円以内 7年以内
生活資金 100万円以内 7年以内

※融資利率、返済方法及び保証人等制度の詳細については東北労働金庫鶴岡支店にお問合せください。

東北労働金庫鶴岡支店 電話0235-22-3147

2.地元就職・就業の支援

東北労働金庫の「ふるさと奨学ローン」を利用して修学した方が、卒業後に山形県内へ就職・就業した場合に、それ以降の利子補給が受けられます。

【ふるさと奨学ローンについて】
◆対象   入学金や授業料等、ご本人やご親族の方の教育費用
◆融資金額 最高1,000万円
◆融資期間 最長10年以内
◆取扱期間 2018年4月1日~2018年9月末

※融資利率、返済方法及び保証人等制度の制度の詳細については東北労働金庫鶴岡支店にお問合せください。

【利子補給制度について】
◆対象    教育資金「ふるさと奨学ローン」を借り受けて修学したのち、
         県内の事業所等に就職又は就業した方。
◆補給内容 就職以降の利子に対して元金300万円を限度に、年2.0%の利子相当分を補給します。
        (公財)山形県勤労者育成教育基金協会より補給されます。

※利子補給制度の詳細については(公財)山形県勤労者育成教育基金協会にお問合せください。
※(公財)山形県勤労者育成教育基金協会は山形県や市町村等が出捐して設立された団体です。

【問合せ】
ふるさと奨学ローンについて → 東北労働金庫鶴岡支店 0235-22-3147
利子補給制度について    → (公財)山形県勤労者育成教育基金協会 023-635-0101

お問い合わせ先

商工観光課 商工労働係

〒999-7781 山形県東田川郡庄内町余目字三人谷地13-1

電話 0234-42-0138