現在位置:トップ > 行政情報 > 広報・情報発信 > しょうない写真館 > 雪の世界をたっぷり堪能!月の沢龍神冬まつり(平成29年2月18日)

雪の世界をたっぷり堪能!月の沢龍神冬まつり(平成29年2月18日)

20170223日 更新

龍神冬まつり そりすべりを楽しむ子ども
龍神冬まつり イワナのつかみとり
龍神冬まつり メッセージ付き打上げ花火ショー

 2月18日、北月山荘周辺で月の沢龍神冬まつりが開催されました。昼の部では、アイスクリーム作りやイワナのつかみどり、巨大かまくら&すべり台での雪遊び、森森でのスノーモービル体験のほか、庄内中央青年会議所による雪合戦や的当てゲーム、コメっち*わくわくクラブによるスノートレッキングなど、盛りだくさんの内容で来場者は雪遊びを思いっきり楽しみました。山形大学花笠サークル「四面楚歌」による花笠音頭で幕を開けた夜の部では、雪上打上げ花火ショーでメッセージ花火が打ち上げられ、巨大かまくらに色鮮やかなプロジェクションマッピングが投影されると、大きな歓声が上がりました。また、地域おこし協力隊によるかまくらBarもオープン。山の芋鍋など、あたたかいおいしいものが詰まった雪屋台も賑わい、大盛況で幕を閉じました。参加した齋藤瑞姫さん(猿田町)は、「すべり台で遊んだり、イワナのつかみどりもできてとても楽しかった。砂金とり体験では、砂金をとることができた。砂の中から砂金を見つけたときは嬉しかった」と話していました。