現在位置:トップ > 行政情報 > 広報・情報発信 > しょうない写真館 > 庄総高でフランス料理実習(平成29年6月22日)

庄総高でフランス料理実習(平成29年6月22日)

20170720日 更新

シェフの技を学ぶ
オムライスづくりに挑戦
完成した料理

 6月22日、庄内総合高校でプロのシェフを招いたフランス料理実習が行われました。この実習は、同校の選択科目「フードデザイン」の授業の一環で行うもので、2年生9人と3年生28人が学年ごと実施。
 この日は、「食の都庄内」親善大使で酒田市のフランス料理レストラン「ロアジス」でグランシェフを務める太田政宏さんを講師に迎え、「オムライス」と「生ハム入りグリーンサラダ」作りに挑戦しました。オムレツを焼くのに戸惑いながらも、生徒たちはシェフにアドバイスを受けながら真剣な表情で調理。見事、トロッとした半熟卵のふわっとしたオムライスが完成しました。後藤智哉さん(3年・酒田市)は、「家でも料理をすることがあるが、オムライスははじめて作った。フライパン返しがすごくたいへんで難しかったが、習ったことを活かして家でも作ってみたい」と話していました。