現在位置:トップ > 行政情報 > 広報・情報発信 > しょうない写真館 > 想いを言葉に 庄内町少年の主張大会(平成29年8月25日)

想いを言葉に 庄内町少年の主張大会(平成29年8月25日)

20170905日 更新

武田さん
小野寺さん
演台に立ったみなさん

 8月25日、第56回庄内町少年の主張大会が立川中学校を会場に開催されました。立川中学校と余目中学校から3名ずつ、計6名の生徒が演台に立ち、自分の経験から伝えたい想いを主張しました。
 審査の結果、武田彩乃さん(余目中3年・家根合)が1位、小野寺咲羽さん(余目中1年・仲町)が2位となりました。
 武田さんは、『あなたと私の「思いやり三原則」』と題し、生徒会で勧めている「思いやり三原則」の意味を南三陸町への訪問やボランティア活動を通して考えた経験を語り、「人を思いやる行為は自分を成長させ、心を温かくする」と主張していました。小野寺さんは、『自分を好きになること』と題し、曾祖父の「咲羽は俺の誇りだよ」との遺言にこたえるため、自分を好きでいるようにした経験から「自分を好きになると生活が明るく楽しくなる」と語っていました。
 武田さんと小野寺さんは、9月13日に遊佐中学校で開催される庄内ブロック大会に出場します。