現在位置:トップ > 行政情報 > 広報・情報発信 > しょうない写真館 > 練習の成果を発揮!小体連陸上競技会(平成30年5月16日)

練習の成果を発揮!小体連陸上競技会(平成30年5月16日)

20180607日 更新

走り幅跳びの様子
応援の様子
リレーの様子

 5月16日、町内5つの小学校の5・6年生児童363人による第13回庄内町小体連陸上競技会が、余目第四小学校グラウンドで行われました。
 五月晴れの中、立川小学校の阿部琴葉さん(立川小6年・桑田)による「仲間の応援を力に変えて、最後まであきらめず、悔いのないよう力を発揮します」という力強い選手宣誓で競技会の幕が開くと、児童たちは100m走や走り幅跳びなどの種目に挑み、日ごろの練習の成果を発揮していました。
 午後には400mリレーが行われ、各校の代表者たちが熱戦を繰り広げると、応援にも力が入り、各校が一丸となって競い合っていました。
 また、齋藤愛梨沙さん(余目四小・連枝)が6年女子走り幅跳びで、4m3cmを記録し、大会新記録を更新しました。
 町の小学生が一同に集まり競い合うことで、お互いを認め合い、高め合うことができたすばらしい大会となりました。