現在位置:トップ > 行政情報 > 広報・情報発信 > しょうない写真館 > 庄内町明治維新150年記念事業フォーラム「清河八郎はどんな人!?」(平成30年11月10-11日)

庄内町明治維新150年記念事業フォーラム「清河八郎はどんな人!?」(平成30年11月10-11日)

20181122日 更新

徳田武明治大名誉教授
パネルディスカッション
パネルディスカッション

 11月10日と11日、響ホールと清川公民館で庄内町明治維新150年記念事業フォーラム「清河八郎はどんな人!?」が行われ、初日の余目会場は約300名、二日目の清川会場は約120名が訪れました。明治150年を迎えた今年、庄内町清川地区の出身であり、明治維新の魁といわれる清河八郎について関心を深めてもらおうと開催されました。
 10日の余目会場では、徳田武明治大名誉教授による「清河八郎と安積五郎」と題した記念講演が行われ、パネルディスカッションでは清河八郎の人物像をテーマに議論が行われました。
 11日の清川会場では、新徴組の女性剣士・中澤琴を紹介する紙芝居や、琵琶の演奏等が行われ、清河八郎を後世に伝え、地域活性化に生かしていくことをテーマに、パネルディスカッションで議論が行われました。