現在位置:トップ > 行政情報 > 広報・情報発信 > しょうない写真館 > 余目第三小学校がペットボトルキャップを寄託(平成30年11月29日)

余目第三小学校がペットボトルキャップを寄託(平成30年11月29日)

20181225日 更新

寄託

 11月29日、余目第三小学校の環境委員会の児童が、(株)山形銀行にペットボトルのキャップ178.9kgを寄託しました。これは、今年2回に分けて環境委員が呼びかけて資源回収を行ったものです。代表として大沼蓮斗さん(6年)、守屋瑠瀬さん(5年)、足達陽向さん(5年)が同行余目支店を訪問しました。
 環境委員長である大沼さんは「世界の人たちのために役立ててほしい」と話していました。このペットボトルキャップは、開発途上国の子どもたちのポリオワクチンとして接種用に役立てられます。