現在位置:トップ > 行政情報 > 広報・情報発信 > しょうない写真館 > 庄内町特別報酬等審議会から町へ答申書の提出(平成30年12月6日)

庄内町特別報酬等審議会から町へ答申書の提出(平成30年12月6日)

20181225日 更新

答申書提出

 12月6日、町長からの諮問を受け、5回にわたり審議を行ってきた庄内町特別職報酬等審議会(日下部忠明会長:槇島)より、原田町長に答申書が提出されました。主な内容は、町議会議員の報酬額を、定数2~5名の削減を条件とし、次期改選後から一定額引上げることと、町三役(町長、副町長および教育長)の給料額を、次期改選後から一定額引上げることです。
 日下部会長は、「職責に応じた額の設定を望む。議員報酬の改定は、意欲ある後継者育成の一助としたい」と話されていました。答申書を受け、今後町では、その対応について検討していきます。