現在位置:トップ > 行政情報 > 広報・情報発信 > しょうない写真館 > 山形大学農学部マネジメント学コースと庄内町グリーン・ツーリズム推進協議会連携事業 成果発表会(平成31年2月6日)

山形大学農学部マネジメント学コースと庄内町グリーン・ツーリズム推進協議会連携事業 成果発表会(平成31年2月6日)

20190208日 更新

成果発表会
成果発表会
成果発表会

 2月6日、役場立川庁舎でグリーン・ツーリズムに関する調査・分析発表と意見交換会が行われました。この事業は山形大学農学部食農環境マネジメント学コースと庄内町グリーン・ツーリズム推進協議会が連携し、平成27年から行われています。今年度は2年生16名が、昨年6月から「清川歴史公園構想」「道の駅の地域連携機能」「加工を中心とした6次産業」のテーマごとに、庄内町でのフィールドワークの中で見つけた課題について調査分析をしてきました。この日は、班ごとに課題解決の考えや提案の発表を行い、地域住民との意見交換が行われました。
 発表を終えて丸山七海さんと松木創平さんは、「調査が難しく感じることもあったが、地域の方から実際に取組みや現状を聞くことができ、とてもよい経験になった」と話してくれました。
 発表会の前には同協議会の会員と学生達が一緒に郷土料理を作る体験も行われ、交流を深めました。