現在位置:トップ > 行政情報 > 広報・情報発信 > しょうない写真館 > 東日本大震災から8年 黙祷へのご協力を中学生が呼びかけました(平成31年3月4日)

東日本大震災から8年 黙祷へのご協力を中学生が呼びかけました(平成31年3月4日)

20190319日 更新

防災無線

 東日本大震災から8年を迎える3月11日の地震発生時刻に捧げる黙祷へのご協力について、町内の中学生を代表して長南優也さん(余目中3年・連枝)が、防災行政無線で呼びかけを行いました。
 同時に放送の中で、町内の小中学生が様々な形で交流してきた南三陸町を今後も応援していくことへの意気込みと黙祷へのご協力を町民に呼びかけました。これまで南三陸町に5回訪れたという長南さんは、「震災というものは、自分たちにも身近であり、とても恐ろしいものであると感じた。多くの方に積極的に震災について考えていただいて、被災地のための行動を積極的にしてもらえれば」と話していました。