現在位置:トップ > 行政情報 > 広報・情報発信 > しょうない写真館 > 認知症サポーター養成講座(令和元年6月5日)

認知症サポーター養成講座(令和元年6月5日)

20190704日 更新

講座の様子
寸劇の様子

 6月5日、余目中学校で認知症サポーター養成講座が行われました。この講座は、認知症になっても住み慣れた地域で安心して生活ができるように、認知症のことを理解してもらおうと開催しているもの。
 この日は、余目中学校の2年生121人を対象に行われました。5人の認知症キャラバンメイトを講師に迎え、認知症の人とコミュニケーションをとるときに大切なことを、寸劇を交えながら教わりました。キャラバンメイトは「困っている人がいたらぜひ声をかけてほしい」「周りの人の愛情が症状を和らげる。優しく見守ってほしい」と呼び掛けていました。渡部航大さん(上堀野)は、「今後、認知症の人とかかわる際は、正しい知識で優しく接したい」と話していました。