現在位置:トップ > 行政情報 > 広報・情報発信 > しょうない写真館 > 笑顔で元気なあいさつ運動スタートアップイベント(令和元年6月18日)

笑顔で元気なあいさつ運動スタートアップイベント(令和元年6月18日)

20190627日 更新

児童の宣言
シュプレヒコール
あいさつ運動

 6月18日、笑顔で元気なあいさつ運動スタートアップイベントが余目第三小学校で開催されました。今年で9年目となるこの活動は、庄内町商工会が、お客様を元気なあいさつでお迎えし、喜んでいただけるような店、会社づくりを目指し、行政と地域が一体となり、笑顔で元気なあいさつ運動を展開していくものです。
 この日は、余目第三小学校の児童215人と関係者約20人が参加。同校6年の佐藤琉さん(仲町)が、「あいさつは、たった一言でみんなの気持ちを明るくしたり、人を笑顔にしたりする不思議なパワーがある。あいさつの絶えない、みんなが笑顔な町にしたい」と、力強く宣言すると、大滝正博商工会長がシュプレヒコールで活動を盛り上げていました。