現在位置:トップ > 行政情報 > 広報・情報発信 > しょうない写真館 > 廻館名木保存会が緑綬褒章受章(令和元年6月25日)

廻館名木保存会が緑綬褒章受章(令和元年6月25日)

20190712日 更新

原田町長と一緒に写る廻館名木保存会のメンバー

 長年、社会奉仕活動に尽力された功績により、廻館名木保存会が緑綬褒章の栄誉に輝かれました。
 同会は、昭和60年より国道47号線沿いにある廻館集落内の花壇づくり、除草・清掃を行っています。また、花の植栽活動のほかにも、花壇の隣にある大欅や一本松の枯葉処理、雪囲いなどの管理も行うなど、緑地の保全や美化活動にご尽力されています。
 現在は、堀井正さん、関井満さん、石崎文志さん、梅木宏輝さん、佐々木豊年さん、齋藤衛さん(全員廻館)の6人で活動されています。会長の石崎さんは、「継続してやってきた活動が評価されたいへん光栄に思う。32年間、一緒に汗を流して頑張ってくれた同僚のおかげである。この活動を後輩に託していきたい」と話していました。