現在位置:トップ > 行政情報 > 広報・情報発信 > しょうない写真館 > たくさんいたよ!メダカ捕獲会(令和元年7月19日)

たくさんいたよ!メダカ捕獲会(令和元年7月19日)

20190730日 更新

メダカを捕獲する児童
メダカを捕獲する児童
捕獲されたメダカ

 7月19日、家根合集落の水田(通称メダカの田んぼ)で、NPO法人家根合生態系保全活動センター(佐藤昭一理事長(家根合))によるメダカ捕獲会が行われました。余目第一小学校4年生が田植えをした田んぼに放されたメダカを越冬用の保全池へ戻す目的で開催され、余目第一公民館主催の家庭教育事業「親子DE楽笑くらぶ」や「ふれあいホーム家根合」の児童を中心に、約30人がメダカの捕獲を楽しみました。
 子どもたちは大人から網を受け取ると、田んぼにつながる用水路でメダカの捕獲に挑戦しました。網に入ったメダカを見つけると、いたるところで大きな歓声が上がっていました。