現在位置:トップ > 行政情報 > 広報・情報発信 > しょうない写真館 > 余目中学校から5人が全国中学校体育大会に出場(令和元年8月15日)

余目中学校から5人が全国中学校体育大会に出場(令和元年8月15日)

20190917日 更新

全員で記念撮影

 8月15日、全国中学校体育大会(8月 関西地方を中心に開催)に出場する余目中学校の生徒が町長を訪問しました。陸上競技の棒高跳びに出場する齋藤泰希さん(3年・南野)、卓球の個人に出場する阿部航世さん(3年・大野)と長谷部聡明さん(2年・中堀野)、ソフトテニスのダブルスに出場する佐藤昴琉さん(3年・東一番町)と本間愛真さん(3年・御殿町)の3種目5人の選手がそれぞれ意気込みを語ってくれました。

  • 齋藤泰希さん「しっかりと練習の成果を出して戦って優勝したい」
  • 阿部航世さん「中学生最後の大会を悔いなく、今までで一番いい成績を出したい」
  • 長谷部聡明さん「はじめて個人で全国大会に出場するので、一回でも多く勝ちたい」
  • 佐藤昴琉さん「中学校最後の大会。楽しんでプレーをしたい」
  • 本間愛真さん「去年も出場できたが悔いが残る結果だった。今年は悔いが残らないように、また、感謝の気持ちで頑張りたい」