現在位置:トップ > 行政情報 > 広報・情報発信 > しょうない写真館 > 二小の児童がはたらくくるま体験(令和元年10月18日)

二小の児童がはたらくくるま体験(令和元年10月18日)

20191108日 更新

元気に手を上げる児童
乗車体験をし、笑顔の児童
ごみ収集車にごみを投げ入れる児童

 10月18日、余目第二小学校の一年生35人を対象に、はたらくくるま体験が行われました。この企画は、安藤組グループが主催し今年で4年目。これまで、延べ1300人以上の庄内地方の子どもたちが体験を行ってきました。
 はじめに、はたらくくるまにまつわるクイズが出題され、子どもたちは答えがわかると手を上げ「はい!はい!」と元気よく返事をして発表していました。その後に行われたくるまの体験では、スーパーロングダンプ、大型ミキサー車、ごみ収集車の3台それぞれの動きを見学したほか、実際に運転席に乗ったりごみを投げ入れたりするなど、楽しみながら学んでいました。