現在位置:トップ > 行政情報 > 広報・情報発信 > しょうない写真館 > 今年もおいしくいただきました!給食【南三陸町友好献立】が大好評!(令和2年3月11日)

今年もおいしくいただきました!給食【南三陸町友好献立】が大好評!(令和2年3月11日)

20200326日 更新

給食を前に笑顔の児童
給食をほおばり笑顔の児童
「わかめ給食おいしいよ!」

 東日本大震災の発生から9年目の3月11日に、町内の幼稚園では「南三陸町友好献立」が提供されました。
 新型コロナウイルスの影響で小中学校が休校になる中、余目第四幼稚園でも、3月9日に届けられた南三陸町の漁師のみなさんが精魂込めて育てたわかめを「わかめと豚肉のスープ」として調理、給食で提供されました。
 いただきますの前には、園長先生がこれまでの南三陸町とのつながりを説明し、子どもたちは幼心ながら両町の深い絆を感じてくれたようでした。
 震災の発生以来、町内の小中学校は、友好町南三陸町を応援するためにPTAわかめ交流事業などをとおして交流を深めてきました。今回の献立のわかめは南三陸町歌津地域の伊里前実行委員会のみなさんが庄内町の子どもたちのために贈ってくださったもの。
 何よりも社交辞令抜きの、子どもたちの「おいしい」のことばが感謝の気持ち。今後も草の根の交流が続くことを期待したいものです。