現在位置:トップ > 行政情報 > 広報・情報発信 > しょうない写真館 > 文化財防火デーに余目八幡神社で消防訓練(平成29年1月26日)

文化財防火デーに余目八幡神社で消防訓練(平成29年1月26日)

20170126日 更新

消火訓練
消火訓練の様子
初期消火訓練の様子

 1月26日、文化財防火デーにちなんだ消防訓練が、町指定文化財の余目八幡神社で火災が起こったことを想定して行われました。
 文化財防火デーは、昭和24年1月26日に法隆寺(奈良県)の金堂が炎上し、壁画が焼損したことをきっかけに、文化財保護の意識高揚を図ろうと、毎年この日を文化財防火デーと定め、全国各地で文化財防火運動が行われています。
 訓練は、酒田地区広域行政組合消防署余目分署の指導の下、地元住民による避難誘導訓練が行われた後、消防署員による本番さながらの放水訓練が実施されました。また、消火器の取り扱いや火災の原因について等も指導を受け、参加した皆さんは火災から文化財を守ろうと気持ちを新たにしていました。