現在位置:トップ > 行政情報 > パブリックコメント > 結果の公表について > 庄内町の投票区および投票区の区域の変更(案)のパブリックコメント実施結果(平成23年1月11日 掲載)

庄内町の投票区および投票区の区域の変更(案)のパブリックコメント実施結果(平成23年1月11日 掲載)

20151002日 更新

 現在の庄内町の投票区(所)は、合併前の旧両町の投票区(所)をそのまま引き継ぎ設けていることから、町全体における投票区(所)の数や規模等にばらつきがあります。そこで、選挙管理委員会では、町内全域を統一した基準で見直し、選挙人の投票環境の整備および改善並びに効率的な投票区(所)の指定を目的に、町内の投票区および投票区の区域の見直しを行うこととし、その変更(案)の作成に当たり、広く町民の皆さんから意見を求めるためパブリックコメントを実施しました。
実施結果は、次のとおりですが、意見としてではなく要望書として提出がありましたので、その内容およびこれに対する選挙管理委員会の考え方を実施結果に記載いたしました。
要望書において貴重なご意見等をお寄せいただきありがとうございました。
1.実施期間 平成22年8月1日から平成22年8月31日
2.提出意見数 0件
 実施期間中に提出された要望書の数 1件

実施結果

提出された要望書の内容 意思決定 要望に対する選挙管理委員会の考え方
選挙管理委員会発表の投票区(所)の変更の発表に驚いています。というのは高齢者に対しての配慮があまりに足りないと感ずるからであります。車をもたないいわゆる交通弱者の方の投票率が低下するのは明らかでありますし、投票による参政権を阻害するものだと思います。
経費節減の合理化がすべてではないと思いますし、投票できる便利さをぜひ優先させていただきたいと思います。
ここに集落を代表してぜひ投票所を存続するよう要望するものです。
変更(案)のとおりとします。 1.合併後の庄内町における投票区(所)の状況がアンバランスであることは議会でも指摘されているところであり、駐車場が狭く、靴を脱ぎ段差のある狭い和室の投票所も多く、社会情勢の変化等を考慮し、また、今後高齢化の進展ともに、高齢者等が利用しやすい投票所の環境とは、単に近いだけではなく、乗り降りに便利な広い駐車場があり、段差もなく車椅子での利用も可能な設備の整った投票所であるべきと考え、合併後5年を経過し、一通りの選挙が終了したこの時期に、その見直しを行うこととしたものです。
2.投票区の見直しに当たっては、ここ数年の状況ではなく10年、20年後を見据えた投票区、投票所のあり方を考慮し、すべての年齢層の選挙人にとって利用しやすい投票環境となるように配慮する必要があります。
3.投票所が遠くなり、高齢者等交通弱者が投票し難くなるおそれがありますが、町では高齢者に対するシルバーパス又はゴールドパスによる町営バス等の減免、運転免許証の自主返納に対するタクシー利用券の交付など各種支援措置がすでにあり充実していることから、これらを活用いただき、また、車を持つ同居の家族のほか、同居はしていなくとも庄内地域その他に居住する家族がいる場合もあるかと思いますし、地域内の親戚、友人等地域の皆様方の日頃からの助け合い、隣近所のおつきあいによる自家用車への相乗りにより、都合のつく日に期日前投票制度を活用し、又は投票日当日に指定の投票所にお出でいただくようお願いします。期日前投票制度は、選挙の公示日の翌日から投票日前日までに投票することが可能であり、この間の選挙人の都合に合せて投票できることから、その利用者が近年増加し全投票者数の約10%を超えている状況にあり、この制度の普及啓発および積極的な利用を促進することにより、大きな支障はないものと考えられます。
4.見直し後の投票区(所)は、従前に比べ遠くなりますが、古くから地域的な繋がりの深い旧小学校区を単位とし、その投票所も旧小学校の近くに設置されている学区又は地区公民館等としており、地域住民にとって馴染みが深く、利用しやすい施設になるよう配慮しました。
5.この度の投票区(所)の見直しは、町内全域を統一した基準で見直し、選挙人の投票環境の整備および改善並びに効率的な投票区の指定を目的に行うものであり、経費節減を主な目的とするものではありません。ただし、選挙の執行に際しては、一昨年の行政刷新会議による評価等を踏まえ、人員配置、物品調達等について従前の慣行にとらわれることなく見直しが求められており、これまでの選挙においても、投票立会人、投票および開票事務従事職員の削減等を実施し、執行経費の削減に努めております。
6.投票所が遠くなる地域の有権者を投票所に送り届けるために町が送迎バスを運行することについては、特定地域への便宜供与という点で公平性が失われるおそれがあること。また、投票に行った、行かなかったという有権者個人の秘密が、当該バスに乗ったかどうかで公にされ、有権者に投票を半ば強制することになるおそれもあり、有権者の自発的な行動を基本とする投票倫理に反するとの指摘等を考慮し、更に山形県内ですでに投票区を変更した市町村においても、送迎バスの運行を行っていないことから、本町においても現時点ではできないものと考えています。

関連ファイル 庄内町の投票区および投票区の区域の変更(案)

関連ファイル

お問い合わせ先

総務課 総務係

〒999-7781 山形県東田川郡庄内町余目字町132-1

電話 0234-42-0125

アドビリーダーのダウンロード PDFファイルをご覧になるには、Adobe AcrobatReaderが必要です。
アドビシステムズ社サイト(このリンクは別ウィンドウで開きます)より無償でダウンロードできます。