現在位置:トップ > 行政情報 > 施策・計画 > 町の政策と計画 > 「庄内町住所表示見直しに関する基本計画」を策定しました(平成21年4月23日掲載)

「庄内町住所表示見直しに関する基本計画」を策定しました(平成21年4月23日掲載)

20150915日 更新

 庄内町住所表示見直しに関する基本計画は、現在の入り組んだ住所の並びをわかりすく・訪ねやすい住所表示に見直することを目的に、平成21年3月に策定いたしました。
 本計画の策定にあたっては、「庄内町住所表示見直しに関する審議会」で審議していただき、パブリックコメントの募集をするなど広く町民の皆さんから意見を求めてきました。

【基本計画の目的と位置付け】

本計画は、「庄内町総合計画」(計画期間:平成18年度から平成27年度まで)を上位計画と位置付け、住所の表示をよりわかりやすく・訪ねやすいものに見直すことで住民の福祉の向上に資することを目的として策定します。

【基本計画の期間】

本計画の期間は、「庄内町総合計画」の計画期間を踏まえ、平成21年度から平成27年度までの7年間とします。

【住所表示見直しの基本方針】

住所表示の見直しについては、住居表示に関する法律に基づいて、合理的な住居表示制度の実施により見直す方法(以下「住居表示制度による見直し」という。)と、地方自治法第260条に基づいて、字の区域若しくは名称の変更により見直す方法(以下「字名変更による見直し」という。)の二種類の方法があります。

住居表示制度による見直し

住居表示制度による見直しができる区域は、市街地にある住所に限定されていることから、住宅が密集している余目地域の中心市街地並びに立川地域狩川地区の中心部については、住居表示制度による見直しの対象区域とします。

字名変更による見直し

市街地を形成していないため住居表示制度が実施できない区域で、大字の名称と集落の名称が一致していない集落については、字名変更による住所の見直しを行うものとします。

特に、住居表示制度が実施される集落については、住所の表示のみが見直しされるだけであり、加入集落や小学校区についてはこれまでどおり変わらないことを十分に説明し、理解いただいた上で、計画的に推進するものとします。
また、これまで使用していた字名については、その由来などの伝承に努めます。

詳しい内容については、計画書をご覧ください。
下記(関連ファイル)より、計画書がダウンロードできます。
※計画書をご覧になるにはAcrobat Readerが必要です。

関連ファイル

庄内町住所表示見直しに関する基本計画PDFファイル(4031KB)このリンクは別ウィンドウで開きます

アドビリーダーのダウンロード PDFファイルをご覧になるには、Adobe AcrobatReaderが必要です。
アドビシステムズ社サイト(このリンクは別ウィンドウで開きます)より無償でダウンロードできます。

お問い合わせ先

企画情報課 まちづくり推進係

〒999-7781 山形県東田川郡庄内町余目字町132-1

電話 0234-42-0162