現在位置:トップ > 行政情報 > お問合わせ > みんなの声・まちづくり提案箱 > 清川歴史公園整備事業について

清川歴史公園整備事業について

20170515日 更新

提言

 私の知人が関西から友人たちを連れて『清河神社』に行った時、神社の方から「お金がないから神社の雨漏りを直せない」とボヤキを聴いて悲しくなり、これからは連れていけない」と話しておりました。12日の山形新聞によれば『清川歴史公園整備事業」に着手される。とありますので当然、神社の雨漏りも修理されるのでしょうか?
 鶴岡の歴史村と協力して『清河八郎』がNHK大河ドラマになるような働き掛けをしてください。妻の『お連』は武士の妻の鏡です。今の『女城主 直虎』よりよいものができるのではないでしょうか。清河八郎がいなければ明治維新が遅れていたでしょう。暗殺されていなければ会津藩の悲劇もないし、山形県が明治維新の中心になっていたかもしれません。

回答 社会教育課文化スポーツ推進係 電話:0234-56-3312

 本町の偉人の一人である「清河八郎」を祀る『清河神社』および「八郎」と妻「蓮」についてのご意見を頂きありがとうございます。
 『清河神社』については、「崇敬者」が管理している神社であるため、町で計画しております「清川歴史公園整備基本計画」の事業計画には、『清河神社』の修繕は含まれておりません。また、町では町史資料として清河八郎やその同志、また妻連の書簡等を「清河八郎関係書簡」にまとめ、幕末期の時代の動きと志士の思想・活動とともに八郎の人間性について理解を深める基本資料として継続して発刊し公開活用に努めており、NHK大河ドラマの働きかけ等についての検討はしておりませんが、そうした機会があるように努めてまいりますので、ご支援をよろしくお願いいたします。