現在位置:トップ > 行政情報 > お問合わせ > みんなの声・まちづくり提案箱 > 放飼い猫のふん尿被害について

放飼い猫のふん尿被害について

20160208日 更新

質問

近所だと思うのですが、放飼いの猫がおり、車庫や時に家屋まで入ってくることがあります。
また、畑内でのフン被害でもたいへん迷惑しています。猫を放飼いにしないこと。飼われているお宅で猫用のトイレを設置するなど対策を呼びかけることはできないでしょうか?

回答 保健福祉課環境係 電話:0234-56-2215

猫の所有者は人に迷惑を及ぼすことのないよう猫の室内飼養に努めることとされています。やむを得ず室外で飼養する場合でも、所有者は去勢、不妊手術等の繁殖制限措置やふん尿等放置しないことなど、周辺地域の方々に迷惑をかけない適切な飼養に努める必要があります。
今回ご連絡いただいた件については、猫の適切な飼養を町広報誌と自治会内でのチラシ回覧により周知を図りたいと思いますが、直接の被害について猫の所有者が特定できるようであれば、飼い主に対し個別に対応いたしますので保健福祉課環境係までご連絡いただきたいと思います。