現在位置:トップ > 行政情報 > お問合わせ > みんなの声・まちづくり提案箱 > 幼稚園バスの添乗員の対応について

幼稚園バスの添乗員の対応について

20161011日 更新

提言

 幼稚園の送迎バスの女性添乗員について、園児がバスに乗るときになぜ座ったままで、見ているのでしょうか?本来であれば外に出て一人ひとりに手を添えて、乗降時の補助や声掛けをするべきであり、その積み重ねが、信頼関係を築き、安全安心な登降園につながるはずです。

回答 教育課学校教育係 電話:0234-56-3316

 この度は幼稚園の園児バスの対応改善について貴重なご意見をいただきありがとうございます。また、園児バスの添乗員の対応に関し、不愉快な思いをさせてしまったことに対し、心からお詫び申し上げます。
 園児バスの乗降時に関しては、基本的にバスステップに乗り降りするまでの補助を各地域の当番の方、バス車内における座席までの誘導を添乗員にお願いしております。添乗員はバス車内での誘導のほか、バス走行中の安全指導のために乗車しておりますが、ご指摘のとおり、その一つ一つの声掛けや動作は子どもたちや子どもを幼稚園に送り出す親御様にとって安心感や信頼につながるものと認識しております。
 今回の件につきまして添乗員に確認したところ、子どもたちへの声掛けは行っているものの、乗車する園児数が少なく座席数にも余裕があることや立ち上がることにより通路を子どもが通りにくくなることから、立ち上がっての補助は行っていないとのことでした。しかしながら、座ったままの状態では子どもたちがきちんと座席に座っているかの安全確認が不十分になる可能性もあることから、添乗員には子どもたちや親御様の安心感や信頼につながるよう、乗降時は立ち上がって補助を行い、声掛けを行うことを指導いたしました。なお、幼稚園バスは、今後とも安全運転に努めて参りますが、保護者の皆様にもバス停までの送迎やバス乗降時の安全指導など、引き続きご協力をお願いいたします。