現在位置:トップ > 行政情報 > お問合わせ > みんなの声・まちづくり提案箱 > 集落内の建築物がない宅地の雑草管理について

集落内の建築物がない宅地の雑草管理について

20160208日 更新

提案

 集落内に、建物がない分譲宅地があるが、雑草が伸び放題の状態にあります。隣接の方の迷惑は多大なものがあると思われますが、景観上も問題があるということで自治会で地権者もしくは管理者に草刈を要請しようということになりました。
 地権者も管理者も不明でありますので、本日、役場総合窓口に出向きこれらの方の連絡先を知る手段を尋ねました。
 総合窓口の担当者は税務町民課に電話し要件を伝えて貰いましたが、「所有者は判りますが、教える訳にはいきません」の返答があるまで相当の時間が掛かりました。次に連絡を取って戴いたのが建設課でありました。課内で検討して戴いた結果、建設課都市計画係が地権者等に「草刈の実施要請」をして戴くことになりました。
 水田の草刈も年に3回一斉に実施していますが、宅地の雑草対策もその程度は必要と思われます。本年度の自治会の通常総会で管理がなされていない宅地には冬場に排雪場所として無断で利用させて貰っている恩義もあり、5月下旬に自治会が無断で草刈りを実施しました。しかし、前述のとおり年数回に亘る草刈を、毎回、自治会が実施する訳にはいきません。このような事情から役場を尋ねた訳であります。今回、建設課から取って戴いた対応は、町行政のマニュアルに沿ったものではなく例外的なもののように見受けられましたので、草刈が必要となる度にこのような対応を要望するのも憚られるところです。
 庄内町では、空き家対策について条例制定に向けた検討をしているとの話を漏れ聞いておりますが、併せて、空き地の対応施策も検討戴けませんか。空き地が存する自治会等には空き地を管理する人への連絡方法を知らせてもらうとか、自治会に代わって草刈等の管理を要請する役場の部課を告知してもらう等の対応をお願いします。

回答

1.建設課都市計画係 電話:0234-42-0860

 空き家対策として県の方針が今秋には取りまとめられる予定です。本町でもどのように対処すべきか、県の方針と整合性をとれるよう検討をすすめているところです。ご要望であります空き地にかかる対処についても、県のとりまとめ内容にかかわらず検討していかなければならないものととらえます。ただし、個人所有財産という観点から、建築行政のみの現行法での対応では限られたものとなり、実効あるものとするためには、困難な状況であり、危機管理担当、環境担当も含め、町全体として取り組みを行っていく必要があると考えております。
 このような状況の中、当面、建設課としては現在行っております対応を継続していくこととしておりますし、必要に応じ担当部署に対応を依頼いたしますので情報をお寄せいただきたいと思います。

2.環境課環境係 電話:0234-56-2909

 今後、集落内の建物が建っていない宅地の雑草管理について苦情が寄せられた場合、法務局の登記資料で管理者や所有者を調査し、環境課が建設課と連携を取りながら、文書による管理の要請を行うことにして行きます。