現在位置: トップ > 企業課について > 事業のご紹介 > ガス

ガス事業の概要

(お届けしているガスの種類は「12A:熱量10,000kcal」です。)

昭和35年2月、石油資源開発株式会社が旧余目町で最初の油田試掘に成功、この油田の採掘に伴い天然ガスが自噴したことから、これを家庭用燃料として利用する計画が推進されました。
昭和38年11月に一般都市ガス事業の認可を受け、翌昭和39年1月からガス管の工事完了箇所より逐次供給を開始しました。
翌昭和40年には酒田市、三川町、旧立川町にも供給を開始し現在にいたっております。
この間、需要の増加に対応するためガスホルダーの増設、液化石油ガス発生混入設備の建設を実施し、絶対的な原料ガス確保のため液化天然ガス(LNG)の導入を決定し現在にいたっております。

余目油田画像

余目油田

供給エリアボタン
設備フローボタン

ガスタンク

昭和38年5月 余目町ガス事業実施を議決
昭和38年7月 余目町ガス事業特別会計を設定
昭和38年7月 余目町ガス事業施設建設を議決
昭和38年11月 余目町ガス事業許可
昭和38年12月 余目町ガス事業供給条例認可
昭和38年12月 第一期工事竣工
昭和39年1月 供給開始
昭和39年9月 ガス供給区域変更許可
昭和43年11月 ガスホルダー増設(300m3)
昭和46年12月 ガスホルダー増設(1,500m3×0.4MPa)
昭和49年12月 LPG発生混入設備竣工
昭和56年12月 ホルダー増設(2,000m3×0.4MPa)
平成5年12月 ホルダー増設(2,000m3×0.6MPa)
平成12年12月 ガス供給所混合設備更新
平成14年1月 企業課庁舎新築
平成20年3月 非常用自家発電設備建設

日本ガス協会「都市ガス事業について」