現在位置:トップ > くらしの情報 > 防災 > 今、町民の皆様にお願いしたいこと(令和2年5月28日)

今、町民の皆様にお願いしたいこと(令和2年5月28日)

20200528日 更新

今、町民の皆様にお願いしたいこと

今、町民の皆様にお願いしたい、次のことは、自身の感染のリスクを下げるためだけでなく、身近な大切な人や多くの人々の重症化を食い止め、命を救うことにつながることをご理解願います。

【感染予防】

(1)人と人との距離の確保
人との間隔は、できるだけ2m(最低1m)あける。

(2)手洗い(手指消毒)
こまめに石けんをつけて水道水で手洗い(又はアルコール製剤等による手指消毒)
感染症対策の基本このリンクは別ウィンドウで開きます

(3)せきエチケット(マスクの着用)
自覚症状がなく、知らずに他人に感染症をうつすことが問題となっています。 人が集まる 場所では 、マスク(自家製でも可)の着用を心がけ 、マスクがない場合はハンカチや袖等で口や鼻を覆うようにしましょう。

(4)感染リスクが高くなる「3つの密」の回避
「換気が悪い密閉空間」 → 2方向の窓を同時にあけ、定期的な換気
「人が多数集まる密集場所」 → お互いの距離を1~2m程度あける
「間近で会話や発声をする密接場面」 → 近距離での発声を避ける。マスク等
3つの「密」を避けましょうこのリンクは別ウィンドウで開きます 
3つの「密」を避けるための手引き!このリンクは別ウィンドウで開きます 
「密閉」「密集」「密接」しない!このリンクは別ウィンドウで開きます

(5)不要不急の帰省や旅行など、県域をまたいだ移動の自粛
6月以降は、県をまたいだ移動の自粛を解除します。
ただし、東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、北海道との間の不要不急の移動については、6月18日までは慎重にお願いします。

(6)感染拡大を予防する「新しい生活様式」等の徹底
再度感染が拡大することを防止するため、「新しい生活様式」の実践
「新しい生活様式」の実践例このリンクは別ウィンドウで開きます 
「人との接触を8割減らす、10のポイント」このリンクは別ウィンドウで開きます

【感染が疑われる場合】

発熱等の風邪の症状が見られるときは、極力外出や人との接触を控えてください。
〇速やかに下記の相談窓口に電話いただき、指示に従ってください。
   (その際は、毎日、体温を測定して記録してください。)

(1)不安に思う場合 
   ・新型コロナのわからないことなど
     ⇒ 厚生労働省相談窓口 0120-565653

(2)感染が心配される場合 
   ・風邪症状・発熱が続いている
   ・強いだるさ(倦怠感)や息苦しさ(呼吸困難)がある方    
   ・味覚障害(味がしない)や嗅覚障害(匂いがしない)

   ・発症者と濃厚接触
   ・海外からの帰国直後 など 
     ⇒ 山形県の新型コロナ受診相談センター 0120-880006

(3)山形県の新型コロナの相談窓口
     ⇒ 庄内保健所 0235-66-4920 
     ⇒ 県薬務・感染症対策室 023-630-2315

お問い合わせ先

環境防災課 危機管理係

〒999-7781 山形県東田川郡庄内町余目字町132-1

電話 0234-43-0246