現在位置:トップ > くらしの情報 > 防災 > 庄内町社会資本総合整備計画について

庄内町社会資本総合整備計画について

20180416日 更新

立川地区における災害に備えた防災まちづくりの推進(防災・安全)

社会資本整備総合交付金について
社会資本整備総合交付金は、地方公共団体等が行う社会資本の整備その他の取り組みを支援することにより、交通の安全の確保とその円滑化、経済基盤の強化、生活環境の保全、都市環境の改善および国土の保全と開発並びに住生活の確保および向上を図ることを目的として、平成22年度に創設されました。
社会資本総合整備計画
地方公共団体が社会資本整備総合交付金により事業を実施する場合には、社会資本総合整備計画を作成し、国土交通大臣に提出することになっています。また、作成した整備計画は公表することになっています。
庄内町が作成した社会資本総合整備計画
庄内町では、社会資本整備総合交付金を活用し、立川地区における情報伝達手段の再整備(アナログ方式の防災行政無線施設のデジタル化)を行い、災害に備えた防災まちづくりを推進します。
計画の名称:立川地区における災害に備えた防災まちづくりの推進(防災・安全)
計画の期間:平成27年度から平成29年度(3年間)
※計画書については、下記よりダウンロードできます。
社会資本総合整備計画の事後評価について
社会資本整備総合交付金交付要綱第10第1項に基づき、事業が完了した社会資本整備総合計画(社会資本整備総合交付金)の事後評価を実施しましたので公表します。
※事後評価書については、下記よりダウンロードできます。

立川地区における災害に備えた防災まちづくりの推進(防災・安全)PDFファイル(457KB)
社会資本総合整備計画(事後評価書)PDFファイル(353KB)

お問い合わせ先

環境防災課 危機管理係

〒999-6601 山形県東田川郡庄内町狩川字大釜22

電話 0234-56-3395

アドビリーダーのダウンロード PDFファイルをご覧になるには、Adobe AcrobatReaderが必要です。
アドビシステムズ社サイト(このリンクは別ウィンドウで開きます)より無償でダウンロードできます。