現在位置:トップ > くらしの情報 > ごみ・環境・衛生 > 動物について > 高病原性鳥インフルエンザが疑われる死亡野鳥に関する対応について(平成28年12月2日掲載)

高病原性鳥インフルエンザが疑われる死亡野鳥に関する対応について(平成28年12月2日掲載)

20161214日 更新

死亡している野鳥を見つけたら

  • 現在、国内におきまして高病原性鳥インフルエンザに感染した野鳥等が確認されています。野鳥は、インフルエンザウイルス以外にも様々な細菌や寄生虫をもっている場合がありますので、必要がないときは野鳥に触れないでください。
  • 野外で野鳥が死亡または衰弱しているところを発見した場合は、保健福祉課環境係へご連絡をお願いします。
    【平日日中の場合】 保健福祉課環境係 電話56-2215
    【平日夜間、休日の場合】 庁舎管理人室 電話43-2211 
  • 鳥インフルエンザウイルスは、野鳥観察など通常の接し方では人に感染しないと考えられています。日常生活において野鳥など野生動物の排泄物等に触れた後には、手洗いとうがいをしていただければ、過度に心配する必要はありませんので、冷静な行動をお願いします。

「野鳥が死亡しているのを見つけたら」このリンクは別ウィンドウで開きます(山形県リーフレット)

アドビリーダーのダウンロード PDFファイルをご覧になるには、Adobe AcrobatReaderが必要です。
アドビシステムズ社サイト(このリンクは別ウィンドウで開きます)より無償でダウンロードできます。

お問い合わせ先

環境防災課 環境係

〒999-6601 山形県東田川郡庄内町狩川字大釜22

電話 0234-56-2909