現在位置:トップ > くらしの情報 > 保険・年金 > 国民年金 > 国民年金保険料の免除・猶予制度について(令和元年7月8日更新)

国民年金保険料の免除・猶予制度について(令和元年7月8日更新)

20190731日 更新

 国民年金は、老後やもしもの時に、あなたの大きな支えとなります。 保険料を納め忘れた状態で、万一、障がいや死亡といった不慮の事態が発生すると、 障害基礎年金や遺族基礎年金を受け取ることができない場合があります。

 経済的な理由等で国民年金保険料を納付することが困難な場合には、保険料の「免除制度」や「納付猶予制度(50歳未満)」がありますので、申請してください。

 令和元年度分(令和元年7月分から令和2年6月分まで)の免除・猶予の申請は、令和元年7月から受け付けています。また、申請月からさかのぼって2年1ケ月前の月分まで申請することもできますので、申請を忘れていた期間がある方はご相談ください。

持ち物

年金手帳、マイナンバーカードまたは通知カード、本人確認ができる書類、印鑑、ハローワークの離職票または雇用保険被保険者受給者証(失業している方)

◆本人確認ができる書類/(1)または(2)
  (1)官公署発行の顔写真付きの書類 1点
      マイナンバーカード、運転免許証、パスポート、身体障害者手帳など
  (2)顔写真のない書類 2点
      健康保険証、年金手帳、日本年金機構からの通知書など

問合せ・申請場所

税務町民課町民係 電話0234-42-0133
立川総合支所総合支所係 電話0234-56-3389
鶴岡年金事務所 電話0235-23-5040