現在位置:トップ > くらしの情報 > 健康 > 健康について > 健康増進月間及び食生活改善普及運動について

9月は健康増進普及月間および食生活改善普及運動月間です!(令和3年8月31日掲載)

20210902日 更新

 厚生労働省では、毎年9月1日から9月30日までの1か月間を『健康増進普及月間』及び『食生活改善普及運動月間』として、生活習慣病の特性や運動・食事・禁煙など個人の生活習慣の改善の重要性についての国民一人ひとりの理解を深め、健康づくりの実践を促進するための普及啓発活動を行っています。
 
 健康で自立した生活を送ることのできる健康寿命を延ばすためには、病気の早期発見や治療だけでなく、その前段階である健康的な生活習慣の確立が重要です。

この機会にご自身の生活習慣を振り返ってみませんか?

1に運動 2に食事 しっかり禁煙 最後にクスリ ~健康寿命の延伸~

がん、糖尿病、心筋梗塞、COPDなどの生活習慣病は、突然急に襲いかかるわけではありません。
高血圧や肥満といったリスクの積み重ね、長年の放置によって引き起こされます。

生活習慣時改善のポイント↓

食事の工夫

・1日3食規則正しく食べる
・野菜をたっぷりとる
・ゆっくりとよく噛む
・食べる順番を考慮する【野菜をはじめに食べる】

活発な身体活動

・プラス10の運動習慣…職場、地域などで今より10分多く体を動かす
・30分以上の運動を週に2回以上行う

十分な休息

・毎日同じ時間に寝て、起きる
・ストレス解消方法を持つ
・定期的にこころの元気度を測ってみる

定期的な健(検)診で自分の状態を知る

生活習慣病の早期は自覚症状がほとんどないため、知らぬ間に進行することもあるため、定期的に健(検)診を受け、自己のからだの状態を知りましょう。

食生活改善普及運動月間について

令和3年度の食生活改善推進普及運動では、スマート・ライフ・プロジェクトのスローガンである「健康寿命をのばそう」の下、「食事をおいしく、バランスよく」を基本テーマに、「毎日プラス1皿の野菜」、「おいしく減塩1日マイナス2g」及び「毎日のくらしにwithミルク」を目標に取り組んでいます。

「新しい生活様式」における食生活のポイントこのリンクは別ウィンドウで開きます

お問い合わせ先

保健福祉課 健康推進係

〒999-7781 山形県東田川郡庄内町余目字町132-1

電話 0234-42-0147

アドビリーダーのダウンロード PDFファイルをご覧になるには、Adobe AcrobatReaderが必要です。
アドビシステムズ社サイト(このリンクは別ウィンドウで開きます)より無償でダウンロードできます。