現在位置:トップ > くらしの情報 > 子育て・教育 > 子どもの健康 > 子どもの定期予防接種について

子どもの定期予防接種について

20170331日 更新

予防接種を受けて病気を予防しましょう

お母さんが赤ちゃんにプレゼントした免疫は、生後数か月を過ぎると自然に失われていきます。
赤ちゃん自身で免疫をつくって病気を予防するために、予防接種はとても重要です。

予防接種には、その病気にかかりやすい時期を考慮した“標準的な接種期間”が定められているので、できるだけこの期間内の早い時期に接種するように、スケジュールを立てましょう。

予防接種法で定められている以下の定期予防接種は、予防接種協力医療機関で無料で受けられます。(ただし、接種対象年齢を過ぎると任意接種となり、全額自己負担になりますのでご注意ください。)

《対象年齢に関する用語について》…“〇歳に至るまで” や “〇歳未満”は〇歳の誕生日の前日までのことです。

Hib(ヒブ)感染症
対象年齢 生後2か月以上5歳未満
標準的接種期間 初回接種開始;生後2か月以上7か月未満
追加接種;初回終了後7か月以上13か月未満に1回
接種開始時期
と回数
初回の接種開始が
2か月以上
7か月未満
初回:3回…それぞれ27日以上あけて受ける
※2回目および3回目は1歳未満までに終了させる
※2回目および3回目が1歳を超えた場合は行わない
追加:1回…初回終了後7か月以上あけて受ける
初回の接種開始が
7か月以上
1歳未満
初回:2回…それぞれ27日以上あけて受ける
※2回目の接種が1歳を超えた場合は行わない
追加:1回…初回終了後7か月以上あけて受ける
初回の接種開始が
1歳以上
5歳未満
1回
小児の肺炎球菌感染症
対象年齢 生後2か月以上5歳未満
標準的接種期間 初回接種開始;2か月以上7か月未満
追加接種;初回終了後60日以上あけて、1歳以上1歳3か月未満に1回
接種開始時期
と回数
初回の接種開始が
2か月以上
7か月未満
初回:3回…それぞれ27日以上あけて受ける
※3回目および3回目は2歳未満までに終了させる。2歳を超えた場合は行わない。
※また、2回目が1歳を超えた場合、3回目は行わない。
追加:1回…初回3回目から60日以上あけて1歳以降に受ける
初回の接種開始が
7か月以上
12か月未満
初回:2回…それぞれ27日以上あけて受ける
※2回目は2歳未満までに終了させる。2歳を超えた場合は行わない。
追加:1回…初回終了後60日以上 あけて1歳以降に受ける
初回の接種開始が
1歳以上
2歳未満
2回:60日以上あけて受ける
初回の接種開始が
2歳以上
5歳未満
1回
B型肝炎
対象年齢 平成28年4月1日以降に生まれた、1歳未満の方
回数 3回
※2回目は1回目の接種から27日以上あける
※3回目は1回目の接種から139日以上あける
標準的接種期間 1回目:生後2月
2回目:生後3月
3回目:生後7月から8月
備考 母子感染予防のために、抗HBs人免疫グロブリンと併用してB型肝炎ワクチンの接種を受ける場合は健康保険が適用されるため、定期接種の対象外となります。
BCG(結核)
対象年齢 1歳未満
回数 1回
標準的接種期間 生後5か月以上8か月未満
4種混合(ジフテリア・百日せき・破傷風・不活化ポリオ)
不活化ポリオ
対象年齢 生後3か月以上7歳6か月未満
標準的接種期間 1期初回:生後3か月から1歳未満
1期追加:1期初回(3回)終了後12か月以上18か月未満あけて受ける
回数 1期初回:3回…それぞれ20日以上あけて受ける
1期追加:1回

平成24年9月以前に経口生ポリオワクチンを1回接種した方は、残りの回数分を接種ください。

水痘(水ぼうそう)
対象年齢 生後1歳以上3歳未満
回数 2回
※3月以上あける
標準的接種期間 1回目:1歳以上1歳3か月未満
2回目:1回目の接種後6か月以上12か月未満あけて1回
備考 水痘にかかったことがある場合は、対象外となります。
2種混合(ジフテリア・破傷風)
対象年齢 11歳以上13歳未満
標準的接種期間 11歳
回数 1回
備考 小学6年生に案内文書を送付します。
麻しん風しん
対象年齢 1期:1歳以上2歳未満
2期:5歳以上7歳未満で小学校入学の年の前年度中
※幼稚園の年長クラス等の1年間(4月~翌年3月末)のみが対象となります。
※5歳であっても幼稚園の年中クラスのお子さんは対象ではなく、また、6歳であっても小学1年生は対象ではありません。
回数 1期:1回
2期:1回
備考 麻しんと風しん両方にかかったことがある場合は、対象外となります。
日本脳炎
対象年齢 1期初回:生後6か月以上7歳6か月未満
1期追加:生後6か月以上7歳6か月未満
2期: 9歳以上13歳未満
標準的接種期間 1期初回:3歳以上4歳未満
1期追加:4歳以上5歳未満
2期:9歳以上10歳未満 
回数 1期初回:2回…6日以上あけて受ける
1期追加:1回…初回終了後6か月以上あけて受ける 
2期:1回 

※(1)平成7年4月2日から平成19年4月1日までに生まれた方、(2)平成19年4月2日から平成21年10月1日までに生まれた方は、接種時期に関する特例があります。詳しくは『日本脳炎予防接種の特例についてこのリンクは別ウィンドウで開きます』のページをご覧ください。

ヒトパピローマウイルス感染症(子宮頸がん)
対象年齢 12歳になる年度初日から16歳になる年度末日までの女子(小学6年から高校1年相当)(注釈)
標準的接種期間 13歳になる年度初日から末日まで(中学1年生)
回数 ■サーバリックス(2価)の場合
2回目:1回目から1か月あけて受ける
3回目:1回目から6か月以上あけて受ける
■ガーダシル(4価)の場合
2回目:1回目から2か月あけて受ける
3回目:1回目から6か月以上あけて受ける

※ヒトパピローマウイルス感染症の予防接種は、現在、積極的にお勧めすることを中止しています。接種を希望する場合は、接種料金の自己負担はありませんが、厚生労働省のWebサイトやリーフレットをご覧いただき、有効性とリスクを理解した上で接種してください。

予防接種の受け方

予防接種を受けるには、予診票が必要です。庄内町の予防接種予診票をお持ちでない方は、保健福祉課まで連絡ください。
事前に予防接種協力医療機関PDFファイル(154KB)このリンクは別ウィンドウで開きますにご予約ください。
予防接種協力医療機関に記載のない県内医療機関での接種を希望される方は、町が発行する接種券が必要ですので、あらかじめ保健福祉課までご連絡ください。

予防接種を受けることができないお子さん

  • 明らかに発熱(通常37.5度以上)をしているお子さん
  • 重篤な急性疾患にかかっていることが明らかなお子さん
  • その日に受ける予防接種の接種液に含まれる成分で、ひどいアレルギー反応(アナフィラキシー)を起こしたことがあることが明らかなお子さん
  • BCG接種の場合においては、予防接種、外傷などによるケロイドが認められるお子さん
  • その他、医師が不適当な状態と判断した場合

予防接種を受ける間隔について

予防接種で使うワクチンには、生ワクチンと不活化ワクチンがあり、異なる種類のワクチンを接種する場合、間隔を守ることが必要です。なお、同じ種類のワクチンを複数回接種する場合にも、 それぞれ定められた間隔があるので、間違わないようにご注意ください。

生ワクチンを接種した場合・・・・・異なる種類の予防接種を行うには、接種の翌日から27日以上おいてください。

生ワクチン
BCG、麻しん風しん混合、麻しん、風しん、おたふくかぜ、水痘、ロタウイルスなど

不活化ワクチンを接種した場合・・・・・異なる種類の予防接種を行うには、接種の翌日から6日以上おいてください。

不活化ワクチン
4種混合、2種混合、ポリオ、日本脳炎、ヒブ感染症、小児用肺炎球菌感染症、B型肝炎、ヒトパピローマウイルス感染症、季節性インフルエンザなど

予防接種健康被害救済制度

予防接種法に基づく定期予防接種を受けた方に、万一、健康被害が発生した場合は、予防接種健康被害救済制度の対象となります。
詳しくは、厚生労働省のWebサイトこのリンクは別ウィンドウで開きますをご覧ください。

任意予防接種における健康被害の救済措置 について

任意予防接種は予防接種法に基づく予防接種ではないため、万一、健康被害が発生した場合は、独立行政法人医薬品医療機器総合機構法および町が加入する予防接種賠償補償保険によるに基づく救済給付の対象となります。
詳しくは、独立行政法人医薬品医療機器総合機構のWebサイトこのリンクは別ウィンドウで開きますをご覧ください。

問合せ

【保健福祉課】
健康推進係(余目保健センター)電話:0234-42-0148
健康福祉係(立川庁舎)電話:0234-56-3392

関連リンク

関連ファイル

アドビリーダーのダウンロード PDFファイルをご覧になるには、Adobe AcrobatReaderが必要です。
アドビシステムズ社サイト(このリンクは別ウィンドウで開きます)より無償でダウンロードできます。