現在位置:トップ > くらしの情報 > 子育て・教育 > 学校教育 > 区域外就学・学区外就学 (平成23年5月25日掲載)

区域外就学・学区外就学 (平成23年5月25日掲載)

20151006日 更新

就学する学校は、あらかじめ定められている通学区域に基づいて指定をしていますが、特別な事情がある場合には、就学する学校を変更することができます。

審査基準については以下のとおりです。(平成18年9月25日 庄内町教育委員会決定)

 事 由  判断基準(具体例)   必要書類   備 考 
1 兄弟姉妹関係  本人の兄弟姉妹がすでに希望校に在学している場合 兄弟姉妹が同じ希望校に同時申請を行った場合は一括判断とする。
2 家庭事情  ・保護者の就労状況等により、下校後の保護に欠ける状態にあり、希望校の近くに保護先が確保されている場合
・両親の離婚等、本人の精神面に多大な負担を与える事情があり、教育環境面に配慮を要する場合
保護者の就労と 下校後の保護を証明する書類
3 転居予定  ・就学期日から1年以内に、確実な希望校通学区域内への転居条件が整っている場合
・短期間内に度々住所を変える予定があり、教育環境面に配慮を要する場合
賃貸借契約書等の転居先が確認できる書類 原則として転居予定日までの期限付き許可とする。
4 疾病・身体障がい  ・肢体不自由、病弱等の理由で、距離的に近い学校を希望する場合
・定期的な通院治療を要する疾病があり、希望校への通学が通院にとって正当性があると認められる場合
・身体障がい者手帳
・診断書等疾病状況が確認できる書類
5 学年途中の転居  急な転居等で転校することにより、本人の精神面に多大な負担を与える可能性がある場合 第5学年・6学年以外は、性格・友人関係で配慮を要する場合でなければ、原則として学期末か学年末までの期限付許可とする。
6 その他の教育的配慮  ・在学校でのいじめや地域的ないじめ等、指定校に通うことにより、本人の精神面に多大な負担を与えており、現に不登校状態にある場合
・帰国児童生徒、外国籍児童生徒で、教育環境面で特段の配慮を要する場合
・その他、教育委員会が特段の配慮が必要であると認めた場合
在籍校長・受入先校長間の協議、担任・教育相談担当職員の所見等を踏まえた上で判断する。

※個々の事情により許可条件や添付書類が異なる場合がありますので、詳しくは教育委員会へお問い合わせください。

関連ファイル

お問い合わせ先

教育課 学校教育係

〒999-6601 山形県東田川郡庄内町狩川字大釜22

電話 0234-56-3316

アドビリーダーのダウンロード PDFファイルをご覧になるには、Adobe AcrobatReaderが必要です。
アドビシステムズ社サイト(このリンクは別ウィンドウで開きます)より無償でダウンロードできます。