妊婦健康診査

20160701日 更新

庄内町では、経済的負担を軽減するために、妊婦健康診査の費用の一部を助成しています。
妊婦健康診査は、お母さんとおなかの赤ちゃんの健康を守り、妊娠が順調かどうかをチェックするためのものです。
自覚症状がなく順調にみえても、トラブルが潜んでいる場合がありますので、次のような間隔で定期的に健診を受けましょう。

妊娠週数 受診間隔
24週未満 4週間に1回 4回
24週から35週まで 2週間に1回 6回
36週以降 1週間に1回 4回

対象者

庄内町に住所があり、妊娠中の方

庄内町から転出された方

庄内町の受診券は使えなくなります。
新住所地での転入届出後に、新住所地の市区町村で妊婦健康診査受診券の交付を受けてください。
詳細は、新住所地の市区町村にお問い合わせください。

庄内町に転入された方

庄内町の妊婦健康診査受診券を交付しますので、転入手続き後、速やかに、前市区町村で交付された母子健康手帳と妊婦健康診査受診券をお持ちになって、余目保健センターまたは立川庁舎で手続きをしてください。

公費負担上限額

妊婦健康診査 公費負担上限額 
初回 10,000円
2回目から14回目 5,000円(1回につき)
HTLV-1抗体検査 2,290円
性器クラミジア抗原検査 2,100円
子宮頸がん検診 3,400円
超音波検査1回目 5,300円 ※
超音波検査2回目から4回目 4,770円 ※

※平成28年4月1日以後に母子健康手帳の交付を受けた方が対象となります。

実施医療機関

山形県内の医療機関

※里帰り出産等のため、山形県外の医療機関で妊婦健康診査を受けた場合は、後から町に申請することで妊婦健康診査にかかった費用の一部を助成します。
補助金額は、『実際に支払った健診費用』と『庄内町の公費負担上限額』のどちらか少ない方の額となります。

山形県外で妊婦健診診査を受けた場合の申請について

申請期限

最後の妊婦健診診査を受けた日から6か月以内

申請に必要なもの

・母子健康手帳
・町が交付した妊婦健康診査受診票(未使用の分)
・領収書
・振込先の口座情報がわかるもの(受診者本人の名義のもの)
・朱肉用の印鑑

※領収書を紛失した場合には、申請書3ページめの「医療機関記入欄」に、受診した医療機関から記入してもらうことで、領収書に代えることができます。

申請先

余目保健センター 保健福祉課 健康推進係 電話:0234-42-0148
立川庁舎 保健福祉課 健康福祉係 電話:0234-56-3392

関連ファイル

お問い合わせ先

保健福祉課 健康推進係

〒999-7781 山形県東田川郡庄内町余目字三人谷地61-1 余目保健センター

電話 0234-42-0147

アドビリーダーのダウンロード PDFファイルをご覧になるには、Adobe AcrobatReaderが必要です。
アドビシステムズ社サイト(このリンクは別ウィンドウで開きます)より無償でダウンロードできます。