現在位置:トップ > くらしの情報 > 子育て・教育 > 子育て支援 > ふれあいホーム

ふれあいホーム

20190823日 更新

ふれあいホーム構想とは?

地域の子どもは地域が育てる。
これがふれあいホーム構想の目的です。

ふれあいホーム構想の特色
ふれあいホーム構想は、次のような特色を持っています。
◎ 地域の教育力を発揮し、地域で子どもたちを見守り育てることを目指します。具体的な内容として、町民の有志がボランティアで学童保育の指導者としてかかわる方法を採り、地域と連携や交流ができるようにしています。
◎ 増加する学童保育の希望にこたえるため、全小学校区ごとに『ふれあいホーム』を整備することを目的としてきました。
平成27年4月に第四小学校区に「ふれあいホームわごう」がオープンし、旧余目地域については4つの全小学校区に「ふれあいホーム」を整備することができました。さらに、平成31年4月には第二学区のふれあいホーム払田が第二公民館敷地内に新築されました。
◎ ふれあいホーム構想は、学童保育の子どもたちが家庭生活の中で経験することの少ない高齢者との交流をすすめ、ふれあいホームの中で日常的に
世代交流ができるよう目指します。
このような《ふれあいホーム構想》をふまえ、学童保育の事業は町がその実施主体となり、その運営を『ふれあいホーム実施組織愛康会』に委託しています。

お楽しみ会写真

愛康会員と一緒のお楽しみ会

さつまいも写真

自分たちで育てたサツマイモ

すいか写真

近所の方からスイカの差し入れ

わごう写真

平成27年4月ふれあいホームわごう開所!

ふれあいホーム活動スナップ

カレー写真

自分たちで作ったカレーライスの味は、とってもおいしい!

トマト写真

敷地内の畑にトマトを植えました

昔話写真

休みの一日。
隣町に出かけて昔話を聞きました

関連リンク

お問い合わせ先

子育て応援課 子育て支援係

〒999-6601 山形県東田川郡庄内町狩川字大釜22

電話 0234-56-2216