現在位置:トップ > くらしの情報 > 子育て・教育 > 子育て支援 > 児童手当

児童手当

20200527日 更新

児童手当とは

児童手当は、家庭等における生活の安定と、次代の社会を担う児童の健やかな育ちに寄与することを目的として支給される手当です。

支給対象

0歳から中学校修了までの間にある児童を養育している父母等で、庄内町に住民登録があり、児童の生計を維持する程度の高い方(通常は、恒常的に所得の高い方)が対象となります。

支給額(受給者の所得額により手当額が異なります)

受給者の所得が所得限度額内の方

  • 3歳未満 15,000円
  • 3歳以上小学6年生まで(第1子、第2子) 10,000円
  • 3歳以上小学6年生まで(第3子以降)15,000円
  • 中学生 10,000円

※児童手当の支給対象は中学校修了までの児童ですが、第何子かは、18歳到達後の3月31日までの児童(高校3年生修了まで)を含めて数えます。

受給者の所得が所得限度額以上の方

  • 特例給付として、1人につき月額一律 5,000円
    ※所得制限制度については、平成24年6月以降導入されています。
所得制限限度額表
扶養親族等の数 所得制限限度額 収入額の目安
0人 622万円 833.3万円
1人 660万円 875.6万円
2人 698万円 917.8万円
3人 736万円 960万円
4人 774万円 1,002.1万円
5人 812万円 1,042.1万円

※所得制限制度の詳細は、下記リンク先の内閣府ホームページをご覧ください。
 内閣府HP:https://www8.cao.go.jp/shoushi/jidouteate/annai.html

支給時期

支給日は、原則6月(2月~5月分)、10月(6月~9月分)、2月(10月~1月分)の10日(土・日・祝日の場合は直前の平日)に指定された金融機関の口座に振り込まれます。

手続き

請求にあたっての注意事項

  • 原則、請求日の翌月分から支給されます。
  • 出生日、転入日(公務員を退職された場合は退職日)の翌日から起算して15日以内に手続きをしてください。出生、転入等の日の属する翌月から支給されます。

認定請求に必要なもの

  1. 申請者、配偶者、児童のマイナンバーカードまたは通知カードと本人確認のできる書類(運転免許証やパスポートなど)
  2. 申請者の健康保険証(児童の保険証ではありません)
  3. 申請者名義の預金通帳、または振込先口座がわかるもの
  4. 請求者および配偶者の印鑑(朱肉印)
  5. 来庁者の身元確認書類
  • その他、個別の事情に応じて、書類の提出が必要となる場合がありますので子育て応援課までお問合わせください。必要書類がそろっていない場合でも、仮受付として申請が可能です。遅れずに手続きをしてください。

認定後の届出について

下記の場合は、届出が必要です。

・支給の対象となる児童が増えたとき、減ったとき
・受給者が転出するとき
・児童を養育しなくなったとき
・児童が児童福祉施設などに入所したとき、または退所したとき
・受給者または児童の住所や名前を変更したとき
・振込口座を変更したいとき
・公務員になったとき
・受給者が死亡したとき

その他
・離婚協議中で夫婦が別居したとき、児童と同居している親が優先して受給できます。(ただし受給要件があります。)

公務員の方

公務員の方は、児童手当等は勤務先から支給されますので、認定請求等の各種手続きは勤務先で行ってください。また、公務員になったときや公務員でなくなったときは勤務先と庄内町子育て応援課の両方に届出および申請をしてください。

現況届

現況届は、受給者の6月1日現在の状況について届けていただくものです。提出いただいた現況届に基づいて、受給資格(児童の監護や保護、生計同一関係など)を確認し、6月分以降の手当支給について審査します。
※現況届が提出されない場合は、6月分以降の手当が受けられなくなりますのでご注意ください。また、そのまま2年経過すると、時効により児童手当の受給資格を失います。

関連ファイル

お問い合わせ先

子育て応援課 子育て支援係

〒999-7781 山形県東田川郡庄内町字町132番地1
電話 0234-42-0195