このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
本文ここから

オンライン授業の実施について

更新日:2020年4月28日

提言・質問

 現在、感染症対策でご尽力されていることと存じます。
 小学校休校措置について申し上げたいことがございます。お忙しい時期とは存じますが、以下に記載いたしますので何卒ご検討いただき、早期に実現されますようお願い申し上げます。
 「オンライン授業の実施」以上になります。
 具体的な方法としては、コンプライアンス等、ハードルもあるのではないかと思われます。しかし、庄内町は国内でも比較的早い段階で全戸ブロードバンド回線接続というインフラ整備がなされており、庄内町役場にも「情報発信課」という部署も存在するとのことで、各部署連携し町内の教育関連機関の柔軟な対応を期待する次第であります。私の提案について、否定的になる理由の一つに、各家庭で視聴環境が整っているかの判断が出来かねる点があるのではないでしょうか。その点を解決するために、町内のIT関連企業と連携協力し、スマートフォンと通信回線を休校中に貸与するということも可能ではないでしょうか。ほとんどの家庭は、スマートフォンがあり、通信可能な状態であります。貸与にかかる費用をみんなで負担する仕組みを作ることも可能でしょう。こうした意見は、私のみならず複数の保護者が持つものであることはご承知おき頂きたく存じます。授業ではなくとも、先生からのメッセージを動画で配信することから始めるのもひとつの手法です。
 最後に、学ぶ姿勢を忘れず前を向いて真剣に考えることで、この困難を乗り切ることができると信じ、提案とさせていただきます。

回答 教育課学校教育係 電話:0234-56-3316

 この度の休校措置については、たいへんご迷惑をおかけしております。また、それに伴う子どもたちの学習機会の確保についてお心を寄せていただき、具体的な対応策を挙げてのご意見、誠にありがとうございます。
 現在、本町の各小中学校では、教科書や学校からの連絡、課題等を配布し、まずは家庭で学習を開始できる最低限の体制を整えたところです。5月6日の連休明けからは学校を再開する予定でおりますが、万が一、再び休校が延長されるような場合、現在では週単位の学習プリントによる通信添削方式の学習を考えております。視聴環境整備の課題もさることながら、一方向の視聴だけでなく、添削等のやり取りを重視し、すぐできる形で対応したいという考えからです。
 一方、先生からのメッセージ配信については、ホームページを開設している学校は一部実現可能かと思いますので、学校とも相談し、実施について検討いたします。
 現在、国が推し進める「GIGAスクール構想」に向けて、教室等への無線LAN(アクセスポイント)の整備を進めています。また、子ども達へのタブレット端末の計画的導入も予定しているところです。ご提案にあります「オンライン授業の実施」につきましては、国の令和2年度補正予算案において「緊急時における家庭でのオンライン学習環境の整備」が急務とされ、大きな課題となっています。
 本町においても、ハード面・ソフト面・人材等、多くの課題はありますが、子ども達の学びを保障できる環境整備に向け努力し、できることから実現していきたいと思います。
 長期に及ぶ休校によって、ご家庭にはたいへんなご負担とご心配をおかけしているところ、このような前向きなご意見たいへんありがたく受け止め、今後の教育に可能なところから生かしてまいります。
 今後とも、ご理解とご協力をよろしくお願いいたします。

ページの先頭へ
以下フッターです。

庄内町役場

〒999-7781 山形県東田川郡庄内町余目字町132-1 電話:0234-43-2211 FAX:0234-43-2219
窓口受付時間:月曜から金曜(祝日および12月29日から1月3日を除く)午前8時30分から午後5時15分
Copyright (C) Shonai Town, All Rights Reserved.
フッターここまで