このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
本文ここから

花のまちづくり事業について

更新日:2020年7月15日

提言・質問

 先日、町内会の回覧板にて地域の草むしりを5月10日、その2週間後に花植えの案内がありました。毎年恒例とはいえ、世間はコロナを押さえ込もうと外出自粛や密を避けるようにしている中、わざわざ人を集めるのはいかがなものでしょうか?しかも2回。一つの花壇に6~7人集まっての作業に世間話、毎年100人位が集まるようです。行かない選択肢もあると思いますが、行かないと村八分的な扱いをする組もあるようです。周りの話では毎年役場から花が届くから強制的に植えないといけないらしいとの事ですが、今年は必要な事でしょうか?
 花がむだになるなら商店街や学校に寄付するのはいかがでしょう?回覧板には去年より数が少ないからという文章もありましたが、数の問題ではないと思います。命を守る行動をさせるのが役場や町内会の役目ではないのでしょうか?
 町内会や評議員に言っても年配の方が多く、若い世代の意見は通らないように日々感じ、暮らしにくいなと思っています。この件を考えていただけたら幸いです。よろしくお願いします。

回答 企画情報課まちづくり係 電話:0234-42-0162

 今年度の花のまちづくり事業の実施にあたりましては、各団体で新型コロナウイルス感染拡大を避けるためにご配慮いただきたいとお願いしているところです。
 本事業は、例年、集落などの各団体からの要望をもとに、町から一斉に花苗を配布しているもので、草むしりや土づくり、花苗の植栽といった作業については、各団体で日程や参加対象者等を決め、実施していただいております。
 今年度におきましても、5月22日(金曜)の花苗一斉配布は例年通り行う予定ですが、各団体での作業を例年通り実施するかどうかは、各団体でご判断いただいているところです。
 今年度の花のまちづくり事業に関する団体宛ての通知文では、新型コロナウイルス対策をお願いするとともに、工夫例として、作業する人の間隔をあける、時間や日にちをずらして少人数で作業を行うといった方法を記載しております。また、実施にあたり不安な点や不明な点については、各団体から個別にご相談を受け付けており、安全を最優先し、無理のない範囲で本事業へのご協力をお願いしております。
 質問者様がご心配される点はごもっともですので、このようなご意見があったことは、こちらから当該自治会長へお伝えさせていただきます。今後とも、町および町内会の取り組みにご協力くださいますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。

ページの先頭へ
以下フッターです。

庄内町役場

〒999-7781 山形県東田川郡庄内町余目字町132-1 電話:0234-43-2211 FAX:0234-43-2219
窓口受付時間:月曜から金曜(祝日および12月29日から1月3日を除く)午前8時30分から午後5時15分
Copyright (C) Shonai Town, All Rights Reserved.
フッターここまで