○庄内町地域活性化アドバイザーに関する要綱

平成22年3月19日

訓令第6号

(趣旨)

第1条 この要綱は、まちづくり及び地域活性化の推進、町の課題解決等を図るために置く地域活性化アドバイザー(以下「アドバイザー」という。)について必要な事項を定めるものとする。

(設置)

第2条 町長は、次に掲げる事項について、専門的な指導及び助言を必要とするときは、アドバイザーを置くことができる。

(1) 町の総合的な振興に関する事項

(2) 地域産業経済の活性化に関する事項

(3) 教育の振興及び地域文化の活性化に関する事項

(4) 前3号に掲げるもののほか、町長が必要と認めた事項

(委嘱)

第3条 アドバイザーは、前条に規定する事項に関し、専門的知識及び経験を有する者のうちから、町長が委嘱する。

(任期)

第4条 アドバイザーの任期は、3年以内とする。ただし、再任を妨げない。

(アドバイザー会議)

第5条 町長は、必要があると認めるときは、アドバイザー会議を開催することができる。

(守秘義務)

第6条 アドバイザーは、業務上知り得た秘密を漏らしてはならない。任期を終えた後も同様とする。

(謝礼)

第7条 アドバイザーが業務に従事した場合は、予算の範囲内において謝礼を支払うものとする。

(庶務)

第8条 アドバイザーに関する庶務は、企画情報課において処理する。

(その他)

第9条 この要綱に定めるもののほか、必要な事項は、町長が別に定める。

附 則

この要綱は、平成22年4月1日から施行する。

附 則(平成31年3月29日訓令第11号)

この要綱は、平成31年4月1日から施行する。

庄内町地域活性化アドバイザーに関する要綱

平成22年3月19日 訓令第6号

(平成31年4月1日施行)

体系情報
第3編 執行機関/第1章 長/第1節 事務分掌
沿革情報
平成22年3月19日 訓令第6号
平成31年3月29日 訓令第11号