このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
庄内町移住支援サイト
メニューを開く
本文ここから

庄内町のテレワーク支援制度について

更新日:2022年2月14日

テレワーカーに向けた様々な支援制度をご紹介します。詳細については各支援制度の担当課までお問い合わせください。

  • 庄内町はテレワークを応援する町です!(町HPリンク)

 

オンラインスキルアップ支援

オンラインスキルアップ講座受講支援事業

クラウドワーカーを目指す町民(申請時)が、町と協定を結ぶクラウドソーシング企業主催の、スキルアップにつながるセミナーへ参加する際に係る受講料を補助します。これにより、クラウドワークという新たな働き方の周知と支援、そして、町民の安定的な生活形成を支援します。

移住体験滞在費支援

テレワーク移住体験支援事業(個人向け)

県外から本町へのテレワークを伴う移住個人へ向け、町内宿泊施設に一定程度滞在し、本町での生活を体験する方に対して補助を行います。

庄内町若者UIJターン支援事業

※令和3年度の受付は終了しました。
本町では、新型コロナの影響により本町に移住し就職した若者・移住後もテレワークにより就労を継続する若者に対して補助金を交付します。(移住支援補助金・テレワーク移住補助金)
また、移住者を雇用した町内事業所等に補助金を交付することで、企業の人材確保と移住者の就業支援の両立を図ります。(移住者雇用促進補助金)

環境整備費支援

テレワーク移住体験支援事業(県外企業向け)

県外からサテライトオフィスを開設しようとする企業へ向け、町内宿泊施設に一定程度滞在し、本町での生活を体験する方に対して、補助を行います。

お試しテレワークオフィス事業

町営の貸オフィス1室を「お試しテレワークオフィス」として、通常5年契約のところを1年単位で使用できます。まずはお試しでサテライトオフィスを設置し、当町の様々な支援策を利用しながらテレワークによる業務を体験した後に、本格的な進出について判断することができます。

※次の入居希望者がいない場合は、その後1年単位で継続して入居できます。

  • 対象:サテライトオフィスを本町に開設しようとする企業

庄内町サテライトオフィス等開設支援補助金

町営の貸オフィスにサテライトオフィスを設置し5年以上利用する企業を対象として、ネットワーク整備費や家賃、広告宣伝費などの初期費用等の一部を補助します。

※利用が5年以内となった場合は、補助金を返還していただく場合があります。


 

その他

庄内町の貸オフィスについて

JR余目駅前にある、歴史ある米倉庫を改装して造られた「庄内町新産業創造館クラッセ」内にある貸オフィスです。天井が高く開放感が感じられる館内には、物産店やパン屋が入っており、アイランドキッチンや休憩スペース、応接室や会議室など、共用スペースも充実しています。また、Wi-Fiにはセキュリティ対策が施されていますので、安心してネットワークを利用できます。

移住に関する相談窓口

庄内町役場3階にある企画情報課移住定住係では、いつでも移住に関する相談を受け付けております。窓口まで来るのが難しい方には、web会議ツールを利用したオンライン移住相談も行っておりますので、ぜひご利用ください。(オンライン移住相談のご利用には事前申込が必要です。)

  • 庄内町企画情報課移住定住係(役場3階、窓口は平日8:30~17:15)
  • 住所:〒999-7781山形県東田川郡庄内町余目字町132-1
  • 電話:0234-42-0228
  • メール:iju@town.shonai.yamagata.jp

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

ページの先頭へ
以下フッターです。

庄内町企画情報課移住定住係

〒999-7781 山形県東田川郡庄内町余目字町132番地1
電話番号:0234-42-0228 FAX:0234-42-0893
E-mail:iju@town.shonai.yamagata.jp
フッターここまで