現在位置:トップ > くらしの情報 > ごみ・環境・衛生 > 庄内町の大気の状況 > PM2.5(微小粒子物質)について(平成26年4月10日更新)

PM2.5(微小粒子物質)について(平成26年4月10日更新)

20150904日 更新

PM2.5とは?

PM2.5(微小粒子状物質)は大気中に浮遊している粒子のうち、大きさが2.5マイクロメートル(1マイクロメートル=1ミリメートルの千分の1)以下の非常に小さな粒子(髪の毛の太さの30分の1)のことです。物の燃焼などによって直接排出されるものと、環境大気中での化学反応により生成されたものがあるほか、自然由来のものや越境汚染によるものがあります。PM2.5は非常に小さいため、肺の奥深くまで入りやすく、呼吸器系への影響に加え、循環器系への影響が心配されています。

監視体制

山形県では、PM2.5の状況を県内13箇所に自動測定機を設置して、24時間体制で監視を行っています。濃度が高くなることが予想される場合は、注意喚起を行うこととしています。

注意喚起の判断基準

  • 午前中の早めの時間帯での判断
    (午前5時から午前7時の1時間値の平均)85マイクログラム/立法メートルを超えたとき
  • 午後からの活動に備えた判断
    (午前5時から12時の1時間値の平均) 80マイクログラム/立法メートルを超えたとき

注意喚起が行われたら

  • 屋外での長時間の激しい運動をできるだけ減らしましょう。
  • 屋内においても換気や窓の開閉を必要最小限にしましょう。
  • 呼吸器系や循環器系の疾患がある方、小児、高齢者は体調に応じてより慎重に行動しましょう。

PM2.5の今の状況は?

県内のPM2.5の注意喚起情報や測定状況など、PM2.5に関する詳細な情報をご覧いただけます。

PM25PCスマホQRコード
PM25携帯QRコード

PM2.5に関する情報チラシ(山形県)

pm25リーフレット

アドビリーダーのダウンロード PDFファイルをご覧になるには、Adobe AcrobatReaderが必要です。
アドビシステムズ社サイト(このリンクは別ウィンドウで開きます)より無償でダウンロードできます。

関連リンク

お問い合わせ先

環境防災課 環境係

〒999-6601 山形県東田川郡庄内町狩川字大釜22

電話 0234-56-2909