現在位置:トップ > くらしの情報 > 交通安全 > 高齢者運転免許証自主返納支援事業について(平成27年12月28日更新)

高齢者運転免許証自主返納支援事業について(平成27年12月28日更新)

20160616日 更新

内容

高齢者の運転による交通事故を防ぐため、庄内町では平成22年4月1日より運転免許証を自主返納した高齢者に対し、年間最大2万円分の「タクシー利用券」(1枚 500円)の交付を行っております。

対象者

本町に居住する高齢者(返納の日において満70歳以上)で、有効期間内にある運転免許証(種類は問いません)を自主返納した方
<注意!>
保健福祉課の「社会参加移動促進事業」または「高齢者外出支援事業」を受けている人は対象になりません。

申請方法 「タクシー利用券」を希望する場合

  1. 庄内警察署(公安委員会)へ免許証を返納します。
  2. 庄内警察署(公安委員会)から「申請による運転免許の取消通知書」と「無効済運転免許証」をもらいます。
  3. 2.のものと印鑑を持参し、役場(・本庁舎 税務町民課町民係・立川庁舎 立川支所係)にて申請手続きをしてください。

<注意!>
申請は本人に限ります。(窓口にて本人確認させて頂きます)
初回申請に限り、免許返納の日から1年間以内に申請してください。

支援決定

支援が認められた場合、郵送にてご自宅へ「タクシー利用券」を送付します。
(申請から1週間程度お待ちください)
<注意!>
申請月により交付枚数が異なります。
4月から6月:40枚 7月から9月:30枚
10月から12月:20枚 1月から3月:10枚

タクシー利用券の利用の仕方

  1. 町内、下記の3業者にてご利用になれます。
     ・余目タクシー
     ・立川タクシー
     ・ハーティ―タクシー(大豊環境開発)
  2. 料金の範囲内であれば、1回の乗車で複数枚使用できます。
    また、利用券との差額は自己負担となります。
    (タクシー料金が1,000円、1,500円のように利用券の金額と同じにならない限りは、自己負担分が発生します。)また、お釣りは出ません。
  3. 乗車の際、身分証明証(「写真付き住民基本台帳カード」など)を提示し、本人確認が取れた場合のみ、ご利用になれます。
  4. 「タクシー利用券」の有効期限は、その年度の3月末日となっております。

次年度以降(2回目以降)の申請について

2回目以降に、申請する場合は申請期限はありませんが、「タクシー利用券」の交付を受けるためには、毎年度申請手続きが必要となります。
手続き方法は初回申請時と同様です。
(ただし、「申請による運転免許の取消通知書」は省略できます。)

お問い合わせ先

環境防災課 危機管理係

〒999-6601 山形県東田川郡庄内町狩川字大釜22

電話 0234-56-3395