現在位置:トップ > 新エネルギーについて > 風力発電取り組みの経過 風を活かした町づくり > 風力発電取り組みの経過 風を活かした町づくり

風力発電取り組みの経過 風を活かした町づくり

その発想とコンセプト

日本三大悪風と言われた立川の風。
いま、逆転の発想で人々の暮らしのパートナーになろうとしている。
これからが楽しみなエネルギーです。

日本三大悪風「清川だし」

風車写真

 立川町(現:庄内町)の気象は、日本海の影響と山岳地帯をかかえていることから海洋性気候と山岳性気候を示している。4から10月ごろにかけて吹く東南東の強風「清川だし」は、しばしば農作物に被害を与えたり、大火の原因になったりして人々からは恐ろしいもの、やっかいなものとして敬遠されてきた。
 清川だしは主に気圧配置が東高西低の時に発生し、新庄盆地にたまった冷気がおろしとなり、最上峡谷で収束、庄内平野に吹き出す。この風は春から秋にかけて吹くが、冬は逆に北西の季節風が強く「地吹雪」も発生する。過去10年間の平均風速はアメダスデータで4.1m/s、10m以上の風も年間平均88.5日と多く、全国的にもまれな強風地帯となっている。

逆転の発想から

導入初期の風車

導入初期の風車

 清川だしは岡山県那岐山麓で吹く「広戸風」、四国山地を吹きおろす愛媛県伊予三島付近の「やまじ風」とならび「日本三大悪風」と呼ばれ局地風としても有名である。
 立川町(現:庄内町)ではこの悪風を逆手にとり、町おこしに利用しようと昭和55年から小型風車による農業(温室ハウス利用等)への利用を目的とした風エネルギー実用化実験事業や、科学技術庁が実施した風力発電の実験事業の受け入れなどに取り組んできた。

シンボル風車の建設

立川町のシンボル的存在3基の風車

立川町のシンボル的存在3基の風車

 アメリカ製の大型風車(100kW×3基)が「清川だし」を受けて回転し、一般家庭の年間電気使用量の60世帯分を発電する自治体では日本一の風力発電施設です。夜はライトアップされ幻想的なアートの世界になります。