現在位置:トップ > くらしの情報 > ごみ・環境・衛生 > 動物について > ハクビシン用箱わなの貸出について

ハクビシン用箱わなの貸出について

20191015日 更新

庄内町鳥獣被害防止対策協議会では、ハクビシンによる生活被害(住居への侵入)や農林水産業被害(食害)の防止を図ることを目的として、ハクビシン用箱わなを貸出しています。

ハクビシンによる被害対策について

被害を発生させないための対策も重要です。

侵入口をふさぐ
ハクビシンは通風孔などわずかな隙間でも侵入します。また、木登りも得意で、屋根の隙間などの高所から侵入する場合もあります。建物周りを細かくチェックしましょう。
誘因物を排除する
ハクビシンを誘因する食物残差は放置しないようにしましょう。

ハクビシンの捕獲について

ハクビシン含む野生鳥獣を捕獲するには、許可が必要となります。許可なく野生鳥獣を捕まえることはできません。詳細については、「野生鳥獣の捕獲には許可が必要ですこのリンクは別ウィンドウで開きます」をご確認ください。

貸出から返却までの流れ

  1. 下記のお問合せ先で、箱わなの空き状況を確認してください。
  2. 借受者ご自身で捕獲申請を行い、捕獲許可を取得してください。
  3. 町へ借受申請書を提出後、箱わなの引き渡しを行います。
  4. 自宅敷地内等へ箱わなを設置してください。(安全に十分配慮してください)
  5. 捕獲した場合は、借受者ご自身で処置してください。
  6. 貸出期間満了後、箱わなの返却および使用実績報告書を提出してください。

注意事項

  • ハクビシン以外の捕獲を目的としては使用できません。
  • 箱わなは安全が確保できる場所へ設置してください。
  • 見回りは1日1回以上行ってください。
  • 使用後は、箱わなを洗浄して返却してください。

ハクビシン用箱わなの貸出に係る注意事項PDFファイル(111KB)このリンクは別ウィンドウで開きます

アドビリーダーのダウンロード PDFファイルをご覧になるには、Adobe AcrobatReaderが必要です。
アドビシステムズ社サイト(このリンクは別ウィンドウで開きます)より無償でダウンロードできます。

各種様式

実物写真

お問い合わせ先

環境防災課 環境係

〒999-6601 山形県東田川郡庄内町狩川字大釜22

電話 0234-56-2909