現在位置:トップ > くらしの情報 > ごみ・環境・衛生 > ごみ > 蛍光灯・乾電池などの水銀使用製品の分別

蛍光灯・乾電池などの水銀使用製品の分別

20200318日 更新

令和2年4月から蛍光灯・乾電池などの、水銀使用製品廃棄物は分別して収集することにしました。
水銀汚染防止法により適正な収集が求められていますので、水銀使用製品廃棄物の分別にご協力をお願いします。

蛍光灯・乾電池

年間4~5回のごみカレンダー指定の日に集落ゴミステーションに出してください。
蛍光灯・乾電池はそれぞれ種類別に透明の袋に入れてください。また、割れた蛍光灯がある場合は、さらに別の袋に分けてください。
指定の袋はありませんので、任意で中の見える透明な袋を利用してくください。

注意

ボタン電池は電池同士が接触すると発火の恐れがあります。テープを巻いてから袋に入れてください。
リチウムイオン等の充電池、モバイルバッテリーは回収できません。電気店などの販売店にお問い合わせください。
直管40形などの長い蛍光灯は資源ごみリサイクルステーションこのリンクは別ウィンドウで開きますに直接お持ちください。

水銀使用の血圧計・温度計・体温計など

水銀使用の血圧計・体温計・温度計および直管40形などの長い蛍光灯は資源ごみリサイクルステーションこのリンクは別ウィンドウで開きますに直接お持ちください。

血圧計

体温計

温度計

長い蛍光灯

お問い合わせ先

環境防災課 環境係

〒999-6601 山形県東田川郡庄内町狩川字大釜22

電話 0234-56-2909