現在位置:トップ > くらしの情報 > 保険・年金 > 国民健康保険 > 国民健康保険の手続きが必要なとき

国民健康保険の手続きが必要なとき

20160331日 更新

勤務先の健康保険や共済組合などに加入していない人は、すべて国民健康保険に加入しなければなりません。
次のようなときは手続きが必要です。手続きは14日以内に行いましょう。

手続きには、下表のほか、届出者の身分を証明するもの(免許証等の顔写真つきの証明)が必要になります。また、世帯主と別世帯の方が届出を行う場合は、世帯主からの委任状が合わせて必要になります。

項目 こんなとき 届け出に必要なもの
国民健康保険に加入するとき ほかの市区町村から転入してきたとき 転出証明書 印鑑 世帯主及び加入者の個人番号
国民健康保険に加入するとき 職場の健康保険をやめたとき 離職票など退職日が確認できるもの 印鑑 世帯主及び加入者の個人番号
国民健康保険に加入するとき 家族の健康保険の被扶養者でなくなったとき 被扶養者でなくなった証明書 印鑑 世帯主及び加入者の個人番号
国民健康保険に加入するとき 子どもが生まれたとき 母子健康手帳 印鑑 世帯主の個人番号
国民健康保険に加入するとき 生活保護を受けなくなったとき 保護廃止通知書 印鑑 世帯主及び加入者の個人番号
国民健康保険をやめるとき ほかの市区町村に転出するとき 保険証 印鑑 世帯主及び喪失者の個人番号
国民健康保険をやめるとき 職場の健康保険に入ったとき 国保と職場の健康保険の両方の保険証 印鑑 世帯主及び喪失者の個人番号
国民健康保険をやめるとき 家族の健康保険の被扶養者になったとき 国保と職場の健康保険の両方の保険証 印鑑 世帯主及び喪失者の個人番号
国民健康保険をやめるとき 国民健康保険の加入者が死亡したとき 保険証 印鑑 世帯主及び喪失者の個人番号
国民健康保険をやめるとき 生活保護を受けることになったとき 保険証 保護開始決定通知書 印鑑 世帯主及び喪失者の個人番号
こんなときも届出が必要です 退職者医療制度に該当したとき 保険証 年金証書 印鑑 世帯主及び退職該当者の個人番号
こんなときも届出が必要です 町内で住所が変わったとき 保険証 印鑑 転居先の世帯主及び転居者の個人番号
こんなときも届出が必要です 世帯主や氏名が変わったとき 保険証 印鑑 世帯主及び変更のあった方の個人番号
こんなときも届出が必要です 世帯を分けたり、一緒にしたとき 保険証 印鑑 新しい世帯の世帯主及び変更のあった方の個人番号
こんなときも届出が必要です 保険証をなくしたり、汚れて使えなくなったとき 印鑑 世帯主及び加入者の個人番号
こんなときも届出が必要です 修学のため、他市町村に住所を定め、[学]の保険証が必要なとき 保険証 在学証明書または学生証 印鑑 世帯主及び該当者の個人番号
こんなときも届出が必要です [学]に該当しなくなったとき [学]保険証 印鑑 世帯主及び該当しなくなった方の個人番号

お問い合わせ先

税務町民課 国保係

〒999-7781 山形県東田川郡庄内町余目字町132-1

電話 0234-42-0152