ようこそ内藤秀因水彩画記念館へ

内藤秀因 錦秋

 庄内町内藤秀因水彩画記念館では、庄内町名誉町民であり、元日本水彩画会理事長の画家・内藤秀因(1890~1987)の水彩画約2,000点を収蔵・展示しています。内藤の画風は写実主義を基調としており、重厚な迫力が魅力です。
 36歳のとき渡欧してアマン・ジャンらに師事し、若手画家の登竜門であるサロン・ドートンヌに入選した内藤秀因は、帰国後日本水彩画壇の発展に尽力し、晩年まで日本各地に出かけながら、精力的に制作や後進の指導に取り組みます。
 1987年に96歳の生涯を閉じ、その後ご遺族のご厚意により、現在の庄内町にあたる旧余目町に作品をご寄贈いただきました。

 当館では現在年4回の収蔵品展を開催し、作品を公開しています。
 また近年は特別展を併催し、庄内地方にゆかりある現代作家の作品を中心にご紹介しています。

新着情報

【ご来館の際のお願い(2020年9月24日更新)】
当館では新型コロナウィルスに関し感染予防対策を行い、5月16日より開館を再開しております。
感染拡大防止のため、ご来館の際は以下についてご協力をお願いいたします。
ご鑑賞をご希望の皆様にはご不便をおかけいたしますがご理解を賜りますようお願い申し上げます。

ご体調のすぐれない方は来館をご遠慮いただきますようお願いいたします。
    
ご来館時は必ずマスクをご着用くださいますようお願いいたします

入口に手指消毒設備を備え付けていますので、ご利用の上ご入館ください。
  また館内トイレの液状せっけんをご利用いただき、こまめな手洗いをお願いいたします。



当館における感染防止への取り組み

・不特定多数の人が触れる場所を適宜消毒しています。
・空調により換気を行います。
・併設の図書館窓口には飛沫感染防止用の透明仕切りを設置しています。
・臨時的に入場制限や、時間差入場のための誘導を行う場合があります。
・全職員が毎日出勤時に検温を行い健康管理を徹底します。

みなさまから安全・快適にご利用いただけるよう、ウイルスの感染状況等に応じて適宜対策内容の見直しを行います。
※入館規制および来館者確認カードの設置は現在おこなっておりませんが、今後の県内の感染者状況に応じ、再開する場合がございます。

開催中の展覧会

◂画像をクリックすると展示概要をご覧いただけます

第114回収蔵品展「旅 ―内藤秀因が訪ねた日本の名所―」

  • 2020年10月13日(火曜日)から11月22日(日曜日)まで
  • 開館時間:平日 | 午前9時から午後7時まで(11月は午後6時まで)
         土日 | 午前9時から午後5時まで
  • 休館日 :毎週月曜日、11月3日(火曜日)
  • 入館料 :無料

※コロナウィルスの感染状況等により、開館状況が変更となる場合がございます。   
 上記「新着情報」をご覧いただき、開館状況やご来館時の注意事項をご確認の上ご利用ください。



次回開催予定の展覧会

特別展「内藤秀因記念第23回水彩画公募展 入賞作品展」
特別展「庄内水彩画会会員展」

  • 2020年12月1日(火曜日)から12月27日(日曜日)まで
  • 開館時間:平日 | 午前9時から午後6時まで
         土日 | 午前9時から午後5時まで
  • 休館日 :毎週月曜日
  • 入館料 :無料

※コロナウィルスの感染状況により内容等が変更となる場合がございます。あらかじめご了承ください。

休館日カレンダー

記念館カレンダー2020年10月
1日~5日:
蔵書点検のため休館
6~12日:
展示替のため休館

webカレンダー2020年11月
23日~30日:
展示替のため休館
 

 開館時間:
平日|午前9時から午後7時
土日|午前9時から午後5時
※11月からは平日午後6時閉館

内藤秀因水彩画記念館サイドメニューカレンダマークが休館日です。