現在位置:トップ > くらしの情報 > 防災 > 防災情報・消防 > ブロック塀の安全確認について

ブロック塀の安全確認について(平成30年6月28日更新)

20180629日 更新

●地震から身を守る

 6月18日(日)、大阪府北部を震源とする地震により、ブロック塀の倒壊や家具の転倒等により、死者・負傷者が多数出ております。
 町民のみなさんも、いつ起こるか分からない地震災害から身を守るための事前対策確認と、危険と思われる箇所の倒壊防止対策等を改めてお願いいたします。

1.地震が起きたら、テーブルの下に身を隠す等対応策を取りましょう。
2.すばやく火を消し、ガスの元栓を閉めましょう。
3.家具はあらかじめ倒れにくいように置いたり、転倒防止用留め具等で固定しましょう。
4.地震が起きたらブロック塀に近づかない。また、日頃から危険箇所を点検しましょう。
5.断水や停電に備え、家庭内備蓄や非常持出品を用意しましょう。

●ブロック塀の安全確認について

ブロック塀は、プライバシーの確保、防犯や防火など私たちの生活を守るために役立っています。しかしながらきちんと施工されていないブロック塀や、老朽化したブロック塀は、地震が起きた際、倒壊して通行人に危害を与えたり、避難や救護活動が困難になったりする可能性があります。

下記「別紙1」は、国土交通省から示された、ブロック塀の点検チェックポイントです。
ブロック塀を所有の方は、下記の点検チェックポイントをご活用いただき、ブロック塀の安全確認をお願いします。


※ 6の、ブロック塀に鉄筋が入っているかどうか確認したい場合は、実際にブロックを壊しての調査となるため有料となります。専門家(建築業者、建築士等)にご相談ください。

●関連リンク

「あんしんなブロック塀をめざして」このリンクは別ウィンドウで開きます
社団法人日本建築学会が作成したブロック塀に関するパンフレットをご覧いただけます。

「山形県のホームページ」このリンクは別ウィンドウで開きます

お問い合わせ先

建設課 都市計画係

〒999-7781 山形県東田川郡庄内町余目字町132-1

電話 0234-42-0860