現在位置:トップ > くらしの情報 > 税金について > 固定資産税 > 建物を取り壊したら届け出を

建物を取り壊したら届け出を

20190911日 更新

 固定資産税の対象となっている建物を取り壊した場合は、速やかに届け出をお願いします。

登記されている建物を取り壊した場合

 法務局で滅失登記の申請をしてください。法務局から町へ通知が届いた後に現地確認を行います。なお、滅失登記の申請が年内にできない場合は、家屋の取壊し申告書このリンクは別ウィンドウで開きますを提出してください。

登記されていない建物を取り壊した場合

 取り壊したら、家屋の取壊し申告書を提出してください。 その後、町で現地確認を行います。
※賦課期日(1月1日)を過ぎて届け出された場合には賦課期日までに取壊しの確認ができないことから、原則届出をしたその年は課税の対象になりますのでご注意ください。

関連リンク

家屋に対する課税

関連ファイル

家屋の取壊し申告書PDFファイル(108KB)このリンクは別ウィンドウで開きます

アドビリーダーのダウンロード PDFファイルをご覧になるには、Adobe AcrobatReaderが必要です。
アドビシステムズ社サイト(このリンクは別ウィンドウで開きます)より無償でダウンロードできます。

お問い合わせ先

税務町民課 資産税係

〒999-7781 山形県東田川郡庄内町余目字町132-1

電話 0234-42-0139