現在位置:トップ > 行政情報 > マイナンバー制度 > マイナンバーカードの交付・申請・更新等のサポート実施中(令和3年2月15日掲載)

マイナンバーカードの交付・申請・更新等のサポート実施中(令和3年2月15日掲載)

20210215日 更新

役場の窓口でマイナンバーカードの交付や申請等のサポートを行っております。
郵送・インターネット・スマートフォンで申請して、受取の時に来庁する方法(交付時来庁方式)のほかに、申請する時に役場へ来庁して、ご自宅で受け取れる方法(申請時来庁方式)もできます。

【マイナンバーカード交付申請から受取までのやり方】

交付時来庁方式 申請時来庁方式
申請 (1)ご自身で顔写真を用意して、郵送やインターネット、スマートフォンで申請します。
 ※役場の窓口で顔写真を撮り、申請書をオンラインで送付するサポートもしています。
(1)役場の窓口で申請します。本人確認を行い、通知カードを回収します。暗証番号も決めていただきます。
※本人確認書類は下記の「持参するもの」をご確認ください。
(2)顔写真を撮影します。
<所要時間1人あたり20分程度時間がかかります>
受取までの流れ (2)申請から約1カ月後、ご自宅に交付通知書 (ハガキ)が届きます。
 
(3)役場の窓口で本人確認を行い、通知カードを回収します。 暗証番号を入力して、受取となります。

(3)申請から約1か月後に、ご自宅に本人限定受取郵便でマイナンバーカードを送付します。受取の時に郵便局員に本人確認書類を提示する必要がありす。
持参するもの ●交付通知書(ハガキ)(交付時来庁方式の方のみ)
※ハガキが1カ月経っても届かない方や紛失された方は問合せください。
●本人確認書類 下記A1点またはB2点
●通知カード
●住民基本台帳カード(お持ちの方のみ)

※法定代理人が同行する場合は、法定代理人の本人確認書類(A1点またはB2点)と、法定代理人であることの確認書類(戸籍謄本・登記事項証明書など)が必要です。
ただし、申請者が15歳未満で、同一世帯の法定代理人が同行する場合は、法定代理人であることの確認書類は不要です。
【A】官公署発行の顔写真付き書類(1点)
(例)運転免許証、運転経歴証明書、(平成24年4月1日以降のもの)、パスポート、住民基本台帳カード(顔写真付きに限る)、身体障害者手帳、精神障害者保健福祉手帳、療養手帳、在留カード、など
【B】「氏名と住所」または「氏名と生年月日」が記載され、市区町村が適当と認めるもの(2点)
(例)健康保険証、医療受給者証、介護保険証、年金手帳、年金証書、学生書、など
予約制 ●予約希望日の3日前まで電話または1週間前までLINEで予約の上、役場の窓口にお越しください。
※LINE予約については下記参照ください。
●予約された方を優先して受付けしますので、予約されずにお出でいただいた場合はお待たせする場合があります。
申請または受取に来る方 (1)必ずご本人が来庁してください。
(2)マイナンバーカードを申請した方で、病気や身体の障害等で役場の窓口にお出でいただけない方の場合
 ①顔写真付きの本人確認書類を持っている方
  →代理人を指定して受け取ることができますのでご相談ください。
   詳細は代理人受取をご覧ください。    
 ②顔写真付きの本人確認書類を1つも持っていない方
  →役場職員がご自宅を訪問し、交付の手続きを行いますのでご相談ください。
受付時間等 ●平日8時30分から17時15分
【延長時間・延長日】
≪19時30分まで受付日≫
●税務町民課町民係:2月15日(月)2月26日(金)3月15日(月)
●立川総合支所:2月5日(金)3月5日(金)
≪19時まで受付日≫
●税務町民課町民係:3月29日(月)3月30日(火)3月31日(水)

【LINE予約のやり方】


1.LINEアプリを開く
2.QRコードまたはIDを検索して友達追加

【QRコード】

【ID】@shonai_town
  

【マイナンバーカード・電子証明書の更新について】

マイナンバーカードとマイナンバーカードに搭載されている電子証明書には有効期限があります。マイナンバーカードの有効期限が過ぎると、本人確認書類として使用できなくなり、電子証明書の有効期限が過ぎるとe-Tax等の電子申請やコンビニでの住民票・印鑑登録証明書の発行サービス等が利用できなくなります。更新対象の方には、地方公共団体情報システム機構(J-LIS)より「有効期限通知書」が送付さます。更新希望の方は、役場の窓口で更新手続きが必要となります。※通知書が届かなくても、有効期限3カ月前から更新手続きが可能です。(電子証明書のみ)※有効期限が過ぎた場合でも再発行が可能です。※電子証明書の有効期限が過ぎた場合でも、マイナンバーカードの有効期限内は引き続き本人確認書類としてご利用いただけます。
【電子証明書の更新】
●役場の窓口でのみ更新ができます。
●顔写真は不要です。

<持ち物>
●本人が更新手続きをする場合
1.マイナンバーカード(カードに設定した暗証番号も必要)
2.J-LISからの有効期限通知書(お持ちの方のみ)

●代理人の方が更新手続きをする場合
1.本人のマイナンバーカード
2.代理人の顔写真付きの本人確認書類(マイナンバーカード・運転免許証等)
3.照会書兼回答書(有効期限通知書に同封されています。必要事項を記入の上「照会書兼回答書封入用封筒」に封入して代理人にお渡しください。)
4.J-LISからの有効期限通知書(お持ちの方のみ)
※代理人申請時、暗証番号の照合が出来ない場合は、文書照会による再度の来庁が必要となります。
【マイナンバーカードの更新】
●マイナンバーカードの再発行手続きが必要となります。
※申請から交付までは1カ月程度かかります。

●オンライン申請が可能な方は地方公共団体情報システム機構(J-LIS)から送付される「有効期限通知書」に記載された申請書IDやQRコードを利用して申請手続きができます。

●郵送での申請を希望の方は、別途交付申請書が必要となりますのでお問い合わせください。

※役場の窓口でも申請サポートを行っています。
詳しくは上記【マイナンバーカード交付申請から受取までのやり方】を参照下さい。

【マイナンバーカードを紛失してしまった場合】

●24時間365日のコールセンターを設置しています。コールセンターに電話で連絡しマイナンバーカードの一時停止してください。
●マイナンバーカード等に関するコールセンター 電話番号:0120-95-0178 (無料)/0570-783-578
≪再申請のしかた≫
1.事前に警察署か交番に遺失届(盗難届)を提出してください。
2.再申請する際には、遺失届を届けた警察署の連絡先や遺失届受理番号が記載された紛失届等を役場の窓口に提出してください。
3.再交付手数料は1000円です。(電子証明書を発行しない場合は800円)
4.再申請後、「個人番号カード交付通知書・電子証明書発行通知書 兼 照会書」が届きましたら、必要書類を役場の窓口に持参し、マイナンバーカードを受け取ります。

【マイナンバーカード暗証番号について】

●暗証番号を忘れた場合や連続して3回(署名用電子証明書は5回)間違えると、カードの機能にロックがかかってしまいます。「暗証番号の再設定」は役場の窓口でお手続きとなります。※代理人にお願いすることも出来ます。ただし代理人による手続きの場合は、後日、本人宛に「新暗証番号の照会(確認)」を送付するので、申請当日には手続き完了しません。「新暗証番号の照会(確認)」に必要事項記載の上代理人にお渡しください。

 
※不明な点等がありましたら、下記問合せ先にご連絡ください。

【コンビニ交付に関するご注意】

 マイナンバーカードに関する手続き、住所・氏名等の変更手続き、印鑑の登録手続きをされた場合は、情報が反映されるまでおおむね2日(土・休日除く)かかりますのでご注意ください。

お問い合わせ先

税務町民課 町民係 〒999-7781 山形県東田川郡庄内町余目字町132-1 電話 0234-42-0133

立川総合支所 総合支所係 〒999-6601 山形県東田川郡庄内町狩川字大釜22 電話0234-56-2211