現在位置:トップ > 行政情報 > パブリックコメント > 結果の公表について > 第3期庄内町障がい者計画・第5期庄内町障がい福祉計画・第1期庄内町障がい児福祉計画(案)に対するパブリックコメントの実施結果について

第3期庄内町障がい者計画・第5期庄内町障がい福祉計画・第1期庄内町障がい児福祉計画(案)に対するパブリックコメントの実施結果について(平成30年2月26日掲載)

20180226日 更新

 このたび、第3期庄内町障がい者計画・第5期庄内町障がい福祉計画・第1期庄内町障がい児福祉計画(案)の策定にあたり、広く町民のみなさまからご意見をいただくためパブリックコメントを実施しました。

結果は下記のとおりです。ご協力ありがとうございました。

・実施期間 平成30年1月25日(木)~平成30年2月20日(火)
・提出意見 1件

提出された意見の概要 意見に対する町の考え方
児童発達支援センターを拠点とした事業が進められるということで、嬉しく思っています。本町のすべての子どもたちの成長・発達をしっかり受け止め、その家庭・地域を土台とした「総合的支援」という大切な役割を果たしていくよう期待するところです。さて、平成32年度末までの整備ということですが、では、その間の支援体制はどうなるのでしょうか。保健福祉課で、これまで取り組んでこられた「早期での気づき」。そこから始まる「支援のスタート」はとても重要です。これから三年後にいいスタートをするための準備期間というのではなく、今、実践しながら、目の前の子どもたちのことを考えていかなければいけません。早期支援へつなげていきましょう。また放課後デイサービスにおいても、ガイドラインが示され、支援の質の向上が問われています。支援を必要としている子どもだけでなく、その子たちに関わる「大人」も支え、共に育ち、歩み、支え合う庄内町の児童福祉をめざしていけるよう、応援していきたいと思っています。

児童発達支援センターは、地域における中核的な療育支援機関として、施設の有する専門機能を活かし、地域の障がい児やその家族への支援を児童発達支援事業、保育所等訪問支援事業そして相談支援事業を通じて提供するものとされています。現在においても、福祉、子育て、教育分野が連携して、療育における早期支援を行っていますが、今後は、児童発達支援センターが軸となり、各関係部署および機関が連携できる体制の強化を図り、障がい児とその保護者に対し将来に渡り切れ目のない支援が行えるような体制の構築を検討し実施していきたいと考えます。

お問い合わせ先

保健福祉課 福祉係

〒999-7781 山形県東田川郡庄内町余目字三人谷地61-1

電話 0234-42-0149